レッドブル RB7
Red Bull RB7
レッドブルの2011年F1マシン「RB7」は、昨年のチャンピオンマシンRB6をさらに進化させた。全体的に贅肉が削ぎ落とされ、、特にリアの絞り込みは過激。規定内いっぱいまで伸ばされたエンジンカバーも特徴的だ。設計はエイドリアン・ニューウェイが担当。ルノー製エンジンを搭載。

レッドブル RB7 主要諸元表

シャシーコンポジット・モノコック構造、ルノーV8エンジン搭載(ストレスメンバー)
トランスミッション縦置き7速ギヤボックス
油圧式パワーシフト及びクラッチ・オペレーション
APレーシング社製クラッチ
ホイールOZ Racing社製
フロント:12インチ x 13インチ
リヤ: 13.7インチ x 13インチ
タイヤピレリ
サスペンションフロント:アルミニウム合金製アップライト、カーボン製ダブル・ウィッシュボーン、トーションバー・スプリング、アンチロックバー、マルチマチック社製ダンパー
リヤ:アルミニウム合金製アップライト、カーボン製ダブル・ウィッシュボーン、トーションバー・スプリング、アンチロックバー、マルチマチック社製ダンパー
ブレーキブレンボ社製キャリパー、ブレンボ社製カーボンディスク及びパッド
電子部品FIA(MES製)標準コントロールユニット
燃料トタル・グループ
エンジンルノーRS27-2011
シリンダー数8
排気量2,400cc
バルブ数32
最大回転数18,000rpm
シリンダーバンク角90度
エンジン構造アルミ鋳造製シリンダーブロック
エンジン・マネージメントFIA(MES製)標準コントロールユニット TAG310B
オイルトタル・グループ
重量95kg (FIA最小重量)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | F1マシン