レッドブルF1代表、政治的介入に屈せず「我々はレースチームであり政治団体ではない」
レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームが直面したさまざまなオフトラックの政治的戦いに巻き込まれながらも、レッドブル・レーシングが2022年のF1で「目標を見失うことはなかった」と語る。

レッドブル・レーシングは、2022年に両方のチャンピオンシップを席巻し、マックス・フェルスタッペンが年間勝利数の新記録となる15勝を挙げ、2度目のドライバーズタイトルを獲得した。

セルジオ・ペレスは2勝を挙げてチャンピオンシップで3位に終わり、レッドブル・レーシングは3レースを残してコンストラクターズタイトルを決めた。

しかし、レッドブルのシーズンは妨げがなかったわけではなかった。最も顕著なのは、昨年の予算上限に違反した後、700万ドルの罰金と今後12か月の空力テストの削減を受けたときだ。

また、レッドブルは、ポーパシング問題に対応して2023年の空力規則を変更する計画に異議を唱え、懸念についてのロビー活動は「特定のチーム」を助けるために行われていると考えていた。

2022年シーズンは、F1で直面した最も厳しい政治シーズンのひとつだったかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「我々は今年コース外でしっかりと背中を狙われていた」とコメント。

「我々はレースチームだ。政治団体ではない。我々はレースに参加することに集中し、ハードレーサーであり、限界を押し広げている。それがレースチームが成功したい場合に行うことだ」

「それが常に我々のアプローチだ。それは常に我々にとってうまくいった。それが我々が競争を楽しむ方法だ。今年は大変なときもあったと感じている。残念ながら、それがF1だ」

レッドブルは、バーレーンでの開幕戦でのダブルリタイアを含め、開幕3レースで3台のDNFに苦しむスロースタートを切ったが、フェラーリとの戦いで立ち直り、最終的に開発レースを制してシーズン後半を支配した。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルが4月のエミリア・ロマーニャGPで獲得した1-2フィニッシュが、両方のチャンピオンシップで早い段階でリードしていたフェラーリにプレッシャーをかける重要な瞬間だと感じている。

「我々のチームは、バーレーンでフェラーリが1-2フィニッシュを決めた2つのDNFの後、このような競争力のある車を生み出し、立ち直るという素晴らしい仕事をした」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「我々は自分たちの目標を見失うことはなかった。イモラに到着するまでに、今年最初の1-2でスプリントとグランプリを獲得し、フェラーリにプレッシャーをかけることができたし、彼らに息つく暇を与えなかった」

「我々は効率的にマシンを開発し続け、重量を少し減らすことができた。そしてマックスは今年センセーショナルな調子を保っている。今年初めのいくつかのレースを思い返すとフェラーリとの序盤のレースは非常にタイトだった。マイアミ、サウジ、さらにはバーレーンでさえね」

「我々にとって素晴らしいシーズンだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル