レッドブル・レーシング:2022年F1アブダビテスト レポート
レッドブル・レーシングは、2022年の世界選手権で17勝、F1史上最大の年間獲得ポイント数、ドライバーズチャンピオンシップとコンストラクターズワールドチャンピオンシップの両方での勝利を収めた記録破りのシーズンの終わりに、アブダビでのポストシーズンテストを成功させて今季の活動を終了した。

1日2台のマシンでのテストが許可された2022年のF1アブダビテストで、レッドブル・レーシングは、午前中はセルジオ“チェコ”ペレスが、午後はマックス・フェルスタッペンがハンドルを握り、タイヤ評価の任務をレースドライバー間で分担した。

一方、レッドブル・レーシングのテスト兼リザーブドライバーであるリアム・ローソンは、ダブルタイトルを獲得したRB18のコックピットで丸一日を過ごした。合計275周を走行した後、3人のドライバーは結果についてポジティブだった。

午前中に走行を行ったセルジオ・ペレスは「全体的に良い午前だったと思うし、チームとエンジニアに提供する情報がたくさんあるので、僕たちが行った仕事に満足している」とコメント。

「新しいコンパウンドは、今シーズンのようにまだかなり接近している傾向があるけど、フロントは2022年バージョンよりも少し強力だ。ここでは非常に暑いコンディションでタイヤを扱っており、すべてがまだ初期段階にあるため、学ぶことと分析することがまだたくさんある。後でマックスが車に乗ったときに、レースの温度をよりよく反映するより涼しい温度でそれらがどのように機能するかを見るのは興味深いだろう」

午後からマシンを引き継いだマックス・フェルスタッペンは「僕たちはプログラムを完了し、来年に向けて最初の基本的な理解を得た。うまくいったと思う」とコメント。
「最終的なコンパウンド構造が完成して何周か走れるのは良いことだけど、トラックごとにタイヤの挙動が異なるので、判断するのは難しい。とは言っても、何もないよりはある方がいい。全体として、すべてが非常に正常に機能したので、良い一日だった」

ヤングドライバーテストの枠で1日を走行したリアム・ローソンは「今日のような日はとても重要だ。F1のテストは非常に限られているので、トラックタイムは非常に貴重であり、ドライブして、来年の開発でチームを助けることができたことに感謝している」とコメント。

「でも、私自身にとって非常に重要だ。僕たちが運転する他のものとは大きく異なる。もちろん、ジュニアのカテゴリーからそのための準備はしているけど、正直なところ、何もできない。そして、今日のセッションは本当にうまくいった。丸一日を過ごした後、間違いなくマシンがより快適になったと感じているし、今後もこのような機会が増えることを願っている」

レッドブル・レーシングのレースエンジニアリング責任者のジャンピエロ・ランビアーゼは「チーム内の誰もが、自己満足の余地がないことを十分に認識しており、2台の車で完全なプログラムでテストに向かい、成功裏に完了することができた」とコメント。

「RB18を完全に理解したドライバーは、2023年タイヤの評価に集中した。リアムにとって最優先事項は、マシンとチームのトラックサイドでの運用について継続的に慣れ親しむことであり、彼が不可欠な部分であるシミュレーションツールとの相関関係に関して特に重要だった。今後数日間にわたって分析する来年のクルマの開発に役立てることができる多くのデータが得られた非常に貴重な1日だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セルジオ・ペレス / マックス・フェルスタッペン