レッドブルF1代表 「リカルドがサインすればサードドライバーとして加入」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、フルタイムドライバーのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスをサポートする役割の一環として、ダニエル・リカルドが2023年にチームに復帰するオファーが検討していることを認めた。

ダニエル・リカルドは、マクラーレンでの困難な2年間の後、今シーズン限りでF1グリッドを離れるが、最近、2024年のF1復帰の可能性に先立ってスポーツとのつながりを維持したいと述べていた。

金曜日にアブダビで、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコはSky Germanyに対し、ダニエル・リカルドが2023年シーズンのサードドライバーとしてショーランとマーケティングの任務を引き受けながらチームに戻ることをほのめかした。

ヘルムート・マルコのコメントと、ダニエル・リカルドがレッドブルに復帰する可能性について質問されたクリスチャン・ホーナーは「我々はまだ何もサインしていないが、ヘルムートは熱くなってそれを発表してしまった! もちろん、彼がサインしないことを選択しない限り、それはダニエルが我々に参加することを意味すると思う!」

「ダニエルは大きなキャラクターだ。今年の彼のパフォーマンスにはがっかりしている。彼はシーズン中にもっと多くのことを望んでいたと思う。しかし、彼は今でもF1で最も有名でキャラクターの1人であり、当然ながら、レッドブル・ジュニアの歴史を持っている」

「マーケティングの観点からだけでも、最近のレースドライバーに求められていることを考えると…我々はチームとして非常に活発に活動しており、多くのショーやイベントを行っており、チーム内、グループ内にダニエルのプロフィールと歴史を持ったドライバーがいることは我々にとって資産でしかない」

「それは彼がF1とコンタクトを保つことを意味する。当然、我々が彼をシミュレーターでも使用するだろうし、潜在的にいくつかのイベントに参加する可能性がある。もちろん、彼が契約にサインした場合だ! だが、彼が契約にサインすれば、すべてが明らかになると確信している」

しかし、クリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルドがレッドブルのレースシートに戻る可能性を軽視し、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスという現在のドライバーラインナップに信頼を示した。

ダニエル・リカルドは長期的に昇格の選択肢になるかどうか質問されたクリスチャン・ホーナーは「ノー。ダニエルの契約は、特定の理由から非常に具体的だ」とコメント。

「我々はチェコと今後2年間の契約を結んでいる」

「マックスとチェコのパートナーシップが生み出したものは、我々にとって驚くべきものだった。今年これまでに 5 回のワンツー フィニッシュを達成し、我々が8年間獲得できなかったコンストラクターズ チャンピオンシップを獲得できたのは驚異的な成果だ。明らかに両方のドライバーのポイント貢献の組み合わせによるものだ」

「2人のドライバーは良い関係を築いており、チームのために良いレースをしてきた。明日も、その後のチームへの契約上のコミットメントの期間もそれが変わるとは思わない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ダニエル・リカルド