故ディートリッヒ・マテシッツ、レッドブル本社の従業員に40万円のボーナス
ディートリッヒ・マテシッツは、レッドブルを良い形で残すために亡くなる前にできる限りのことをした。彼は従業員の面倒も見ていた。オーストリア本社のレッドブル従業員全員が3,000ユーロ(約43万円)のボーナスを受け取った。

フシュル・アム・ゼーにある本社の 2,000 人を超える従業員は全員、10 月の給与に 3,000 ユーロの非課税ボーナスを追加された。レッドブルは、この分野で「法的可能性」を利用した。

オーストリアでは、インフレを補うための規制が設けられた。これにより、雇用主は従業員に最大 3,000 ユーロの非課税のボーナスを与えることができる。

ディート・マテシッツは、亡くなる前に約600万ユーロ(約8億8600万円)の費用に相当する最大額をレッドブルのスタッフに与えることを選択した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル