レッドブルF1首脳 「2026年の選択肢はホンダだけではない」
レッドブル・レーシングとポルシェのパートナーシップに関する交渉は、今年初めに決裂した。レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、チームが現在ホンダと交渉中であることを認めているが、レッドブルには他の選択肢もある。

2021年シーズンの終わりにホンダが去った後、レッドブルは独自のエンジンを開発するためにパワートレイン会社を設立た。しかし、Red Bull Powertrains は費用だけで収益がないため、チームに多額の費用がかかっている。

したがって、エンジンサプライヤーとのパートナーシップは大歓迎だ。レッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンの大成功により、ホンダはF1からの撤退を後悔した。 10月、結局ホンダはレッドブルとのパートナーシップを強化すると発表した。

ホンダは、F1にとどまることに熱心だ。ポルシェとの結婚に失敗した後、レッドブルの隣に空きがある。

「彼らが撤退しなければ、我々は投資をすべて節約できたはずだ」とヘルムート・マルコは Motorsport-Magazin.com との会話で語り、ホンダとの交渉が行われていることを確認した。

しかし、ホンダとの交渉はなかなか進んでいない。

「我々はポルシェとの交渉から教訓を学んだ。50/50 の解決策はない」とヘルムート・マルコは断言する。

レッドブルはチームの責任者であり続けたいと考えている。エンジンメーカーは11月中旬までに申請する必要があるが、マルコによれば、レッドブルは 「ホンダが独自のエンジンを導入したいのでなければ」その期限の影響を受けないと語る。

その場合、ホンダが2026年からどのような貢献をすることができるのか、またどのような貢献をする可能性があるのかという疑問が生じる。

ホンダはさくらに大規模なインフラストラクチャを持っているため、レッドヌルにMGU-Kを供給する可能性がある。レッドブル自体には、必要な電気的専門知識がまだない。ポルシェとのパートナーシップでは、MGU-K をドイツで開発する計画があった。

したがって、ホンダとのコラボレーションはチームにとって良い解決策になるだろう。

「だが、それが唯一の選択肢ではない」とヘルムート・マルコは明かす。

レッドブルとのパートナーシップに関心を持っている団体はいくつかあるようだ。しかし、それらはヒョンデ(ヒュンダイ)でもキアでもないヘルムート・とマルコは明かした。

「他の選択肢もある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1