レッドブル、ディートリッヒ・マテシッツの後継者計画を最終決定
レッドブルは、先月の共同創設者であるディートリッヒ・マテシッツの死後、F1チームを含むエナジードリンクグループの経営に関する後継計画を決定した。

ディートリッヒ・マテシッツが亡くなってからわずか2週間後、レッドブルは今後の会社の管理方法を決定した。レッドブルの戦略的経営責任は、マテシッツの下で行ったように1 人の CEO によって実行されなくなり、代わりに 3 人に分割されることが決定された。

ディットリッヒ・マテシッツの息子マルク・マテシッツがレッドブルのスタッフに送った手紙の中で、彼は「父が提案」し、「タイのパートナーがサポート」したソリューションが実施されると説明した。タイのパートナーは起業家のユーウィッタヤー家を指す。

したがって、今後のレッドブルの事業は、フランツ・ワツラウィック(飲料事業のCEO)、アレクサンダー・キルヒマイヤー(CFO)、オリバー・ミンツラフ(コーポレート・プロジェクトおよび投資のCEO)で構成される取締役会によって処理される。

マルク・マテシッツは「フランツ、アレクサンダー、オリバーは我々のドリームチームだった。彼らがこの仕事を引き受けてくれることをとても嬉しく思う」と付け加えました。

責任分担は、今後、F1チームのレッドブルとアルファタウリが、新しい仕事の中にスポンサーシップを含むオリバー・ミンツラフとアレクサンダー・キルヒマイヤーの責任の下に置かれることを意味する。

アレクサンダー・キルヒマイヤーがグループの新しいCFOになったことで、彼はすべての予算について賛成または反対する人物になる可能性がある。

オトバー・ミンツラフは、ドイツのスポーツファンにとって見知らぬ人ではなく、最近ではブンデスリーガのRBライプツィヒの取締役会会長とRBライプツィヒのマネージングディレクターを務めていた。

それ以前は、2014年から2016年にライプツィヒがブンデスリーガに昇格するまで、レッドブルのすべてのグローバルサッカーコミットメントの調整を担当していた。

レッドブルに参加する前、オトバー・ミンツラフは長距離ランナーだった。1999年にはドイツのハーフマラソン選手権で5位、2001年には10kmで8位に入賞した。

2000年から2008年までスポーツ用品メーカーのプーマに勤務し、その後、選手コンサルタントやマネージャーなどを務めた。

だが、レッドブルのF1運営に関しては、特にF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーがチームを2013年以来のダブルタイトルに獲得する手助けをしたことで、新しい上級管理職構造の結果として大きく変わる可能性は低いと考えられている。

最近、クリスチャン・ホーナーは、ディトリヒ・マテシッツがレッドブルのF1運営の長期的な将来を保証したと語った。

ディトリッヒ・マテシッツの死後に何らかの変化があるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「未来は決まっている」と語った。

「彼は将来に向けて非常に強力な基盤を築いた。そして、2026年にレッドブルがパワーユニットメーカーになることで、それは我々のジグソーパズルの欠けていたピースであり、彼はそれを可能にするビジョンを持っていた」

「そして、シャシーで行ったのと同じように、同じ精神、彼の精神を将来のエンジン会社に取り入れていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ