レッドブルF1、予算上限の超過は100万ドルとの報道
レッドブルF1は、報じられたような大幅な予算上限の違反ではなく、実際の超過額は100万ドル程度だと報じられている。

F1シンガポールGPの週末、レッドブルとアストンマーティンが2021年のF1予算上限である1億4500万ドルを超えたと報じられた。特にレッドブルの超過額は1000万ポンド(約16億4500万円)とされ、ライバルは金融規則の違反だとして非難の声を挙げていた。

FIA(国際自動車連盟)は水曜日にF1チームにコンプライアンス証明書を発行する予定だが、一部のチームには遅れが生じる可能性があると考えられている。

FIAは、ルールブックで予算上限違反に対する最も過度なペナルティは、世界選手権からの除外にまで及ぶ可能性があると概説しているが、予算上限の5%未満超過することは軽微な違反と見なされ、レッドブルがこれに該当する場合、重罰を免れるように設定されている。

メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、レッドブルが有罪判決を受けた場合、マックス・フェルスタッペンが初のF1タイトルを剥奪されると予想するのは「非現実的」だと語っている。

しかし、トト・ヴォルフは、2つのチームが調査されていることはパドックの「公然の秘密」であると示唆し、クリスチャン・ホーナーを怒らせた.

「一体どうすれば、チームが違反しているかどうかをチームが知ることができるのだろうか?」とクリスチャン・ホーナーは先週末シンガポールで語った。

「違反しているかどうかさえわからない。プロセスが完了する来週までわからない」

「だから、おそらく、このような非難がなされたとき、ガラスでできた家に住む者は、石を投げてはならない」

「そして、ご存じのとおり、我々は怒りを覚え、その発言を非常に真剣に発言を受け止めている。なぜなら、マックスが世界タイトルを獲得する最初の試みとなるここで今年の彼の驚異的なパフォーマンスではなくコスト上限について話しているのは偶然ではないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル