レッドブルF1 「2026年にホンダがハイブリッド側に関与する余地はある」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ホンダがF1へのリンクを維持することを決定した場合、2026年のレッドブル・パワートレインズのプロジェクトに技術的支援を提供する可能性を示唆している。

ポルシェは9月9日(金)にレッドブルとのパートナーシップに関する交渉が決裂したことを発表。レッドブルは他の潜在的なパートナーシップを自由に追求できるようになった。

ホンダは、表向きはカーボンニュートラル実現のための技術にリソースを集中させることを理由に2020年末でF1から撤退したが、2025年末まで現在のF1パワーユニットをレッドブルとアルファタウリに供給し続けることに同意している。

その後、ホンダは最終的に2026年のF1プロジェクトを追求する可能性があることをほのめかし、必然的にレッドブルがコースを変更してホンダに固執するという憶測につながった。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルが独自のF1パワーユニットプロジェクトを放棄してホンダのF1パワーユニットを継続するというアイデアはあまりに飛躍しすぎだと主張。それでも、ホンダとのコラボレーションの可能性を排除していないが、それはパワーユニットのハイブリッド側のみとしている。

そもそもポルシェとのパートナーシップも、レッドブルが内燃エンジン、ポルシェがハイブリッド側を担当するというものだった。

2026年のF1パワーユニットレギュレーションは、V6ターボエンジンに大きな変更点はないが、MGU-Kは、現在のハイブリッド コンポーネントによって生成される 電気出力量のほぼ3倍になる。したがって、自動車メーカーの技術はレッドブル・パワートレインズのような独立系メーカーには大きな助けになる。

だが、このような戦略は、ホンダが完全なF1パワーユニットプロジェクトに関与し続けず、レッドブル以外のチームとのパートナーシップを追求することを選択しなかった場合にのみ機能する。

「我々の列車は2026年に向けて駅を出発した」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「ホンダは素晴らしい会社だ。彼らはF1からの撤退を発表し、内燃エンジンから離れて自社製品の電化に注意を向けた」

「だから、もし彼らがF1への復帰を検討しているなら、それを考慮に入れなければならないと思う。バッテリー側に潜在的な関心があったかどうか、および、そこに潜在的な相乗効果があるかどうかにかかわらず、それは興味深い議論になる可能性がある」

「しかし、内燃エンジンと機械的側面に関しては、我々は2026年までのロードマップに非常に満足している」

そのような取り決めの複雑な点の1つは、ホンダのサポートが2026年の新しいパワートレイン メーカーとしてのレッドブルの地位を損なう可能性があり、それに伴うメリット、特によりコスト上限を失う可能性がある。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・パワートレインズは OEM のサポートを必要とせず、F1パワーユニット全体を自分たちで構築できると断言していると語る。

「その心配はない。我々は、パワーユニットのあらゆる側面を行うために、施設内で採用と投資を行う立場にある」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

また、クリスチャン・ホーナーは、ポルシェとの契約が崩壊した理由の1つは、レッドブル・パワートレインズがすでに採用したスタッフの知識を考慮して、ポルシェが提供する技術的支援の量が限られていることであると指摘した。

「我々が関心を持っていたのは、OEM と一緒にパワーユニットエンティティをゼロから構築しているときに、彼らが我々がアクセスできなかったパーティーに何をもたらす可能性があるかということだった」

「そして、デューデリジェンスを行った結果、実際には良い状態にあると感じたと思う。そして、我々が行った採用により、技術的には、競合他社に実質的な不利を感じることはなかった」

ホンダF1 本田技研工業

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1