レッドブルF1代表 「2013年はセバスチャン・ベッテルの最高の年」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルにとっての最高のシーズンは4回目のタイトルを獲得した2013年だと語る。

レッドブル・レーシングを去って以来、セバスチャン・ベッテルは同じ成功を収めることができず、BMWザウバーでスタートし、トロロッソ、レッドブル、フェラーリを経て、最後の所属チームとなったアストンマーティンF1で驚くべきF1キャリアを終えることを決断した。

2022年のセバスチャン・ベッテルに、2010年から2013年までの無敵で、1本指の敬礼がトレードマークだったウィナーのかつての面影は見られなくなったと言っても過言ではないかもしれない。

しかし、今日のトップ ドライバーであるマックス・フェルスタッペンのレッドブル・レーシングには、セバスチャン・ベッテル時代と非常に類似点がある。当時のレッドブルもナンバー1ドライバーを全力でサポートするという哲学を貫いてきた。

言うまでもなく、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ブルーの車に乗ったセバスチャン・ベッテルの輝かしいキャリアを振り返るのに適した立場にある。

F1ハンガリーGPでのF1引退発表を受け、クリスチャン・ホーナーはセバスチャン・ベッテルとの時間を振り返った。

「我々と過ごした時間のセバスチャンは信じられないほど素晴らしかった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼はジュニア時代に地元で彼をサポートしてくれるかどうかを確認するためにレッドブルに手紙を書いた。その後、地元のマーケット、そしてグループを抜け出し、そしてジュニアプログラム、トロロッソを通じてサポートを受けた。そしてレッドブル・レーシングへやってきた」

「セブについて際立っていたのは、当初から、彼が非常に集中力のある若者であり、彼の労働倫理は完全にドイツ的だったことだと思う。 彼は一生懸命に働き、遅くまで働いた。彼は素晴らしいユーモアのセンスを持っていたので、イギリスのチームに溶け込み、すぐにその文化を受け入れた」

「彼はビジネスのあらゆる分野で慕われていた。秘書にチョコレートを渡すときも、ガレージで専門用語を学ぶときもね、裕毅とは少し異なる方法だったが、彼のコックニー・スラングの命令は伝説になった」

「そして、彼はその時期に我々が生産した車で恐るべき存在だった。改めて、それらはF1での幸せな日々だった。大規模な競争相手、我々が戦った大きなチーム、そして、いくつかの傑出した成功を収めた」

「彼はその段階で、ただ成功するだけでなく、記録を達成することに非常に集中していた。それらは彼にとって大きな意味があった。ファンにとっても同様だった。彼が日本で膨大な量のあらゆる記念品や贈り物を集めているのを見ただけでわかる。彼はそれら家に持ち帰って帰ると主張していた」

「いくつかのオブジェは少し奇妙だったが、彼はすべてを保持していた。彼は完全にすべてを保持していた。彼が我々のチームにいることは我々にとって喜びだった。我々は一緒にいくつかの素晴らしいことを達成した。そして、彼が少年から若者に成長するのを見たと思うし。彼は非常に原則的な男だと思う。彼は非常に強い信念を持っている」

「我々は彼のキャリアの後期に、彼が情熱を注いでいると感じるもののために非常に立ち上がるのを目にしてきた。それは当然のことだ。彼の家族は彼にとって重要だ。彼はとてもプライベートな人だ。彼が最近インスタグラマーになったのを見てとても嬉しく思う」

「彼のF1でのキャリアは終わりを迎えるが、彼には人生でやりたいことがたくさんあると確信している。そして、彼はこれからも素晴らしいことを成し遂げていくと確信している。だが、彼に会えなくなるのは寂しい。しかし、私はタイミングが彼にとって正しいと思う」

「彼にとって、『今こそ僕がF1の時間を終える時だ』という言うべき時が来んだと思う」

セバスチャン・ベッテルのレッドブルとのF1キャリアは、インディアナポリスで開催された 2007年のF1アメリカGPでBMWザウバーでデビューした後にスタートした。その年のF1ハンガリーGPでヘルムート・マルコはベッテルをトロ・ロッソに乗せ、残りは彼らが言うように、よく語られた歴史だ。

トロ ロッソで25レースに出場し、2008年にモンツァで“ジュニア”チームにとって初のグランプリを獲得した後、マーク・ウェバーと共にレッドブル・レーシングに昇格した。その後、ベッテルは139レースにわたってブルーのマシンを駆った。

F1キャリアを通して、セバスチャン・ベッテルは53勝を挙げた。これは、ルイス・ハミルトンとミハエル・シューマッハに次ぐ史上3番目の記録だ。しかし、2021年にアストンマーティンF1に移籍してからは、勝利数と5回目のF1ワールドチャンピオンを追加することはできなかった。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングでのセバスチャン・ベッテルの時代を思い出し、その時代のハイライトを次のように語った。

「彼はどんどん良くなっていった。 つまり、2009年、我々は彼と同じように若いチームだった。そして、我々はいくつかのミスを犯していた。2010年、彼はその年の傑出したドライバーだったが、あまり信頼性がなかったが、オッズに反して年末にチャンピオンシップを獲得した」

「2011年に彼はそれを足場とした。2012年は非常に厳しい年だった。我々がヨーロッパを離れる前に、彼は1レースしか勝っていなかったが、そこから4連勝してブラジルでの最終レースでフェルナンドと直接対決を制した」

「だが、2013年には、彼は完全に支配し、9回連続で勝利を収めた。それは、私にとって彼の最高の年だった。彼はすべてをまとめ上げ、その年は本当に傑出していた」

レッドブル・レーシング F1 セバスチャン・ベッテル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル