レッドブルF1代表 「セバスチャン・ベッテルにチーム復帰を打診していた」
レッドブル・レーシングのF1代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスとの契約ではなく、セバスチャン・ベッテルに復帰を打診していたことを明らかにした。

セバスチャン・ベッテルは、レッドブル・レーシングの一員として2010年から2013年にかけて4年連続でドライバーズチャンピオンシップを獲得し、レッドブル・レーシングもその4シーズンのすべてでコンストラクターズタイトルを獲得した。

2015年末にレッドブル・レーシングを離れてスクーデリア・フェラーリに移籍し、その後、アストンマーティンF1チームに移籍したセバスチャン・ベッテルは、2022年シーズン限りでF1を引退することを発表した。

現在、レッドブル・レーシングにはマックス・フェルスタッペンというスターがおり、ガレージの反対側にはセルジオ・ペレスが並んでいる。

セルジオ・ペレスは2021年からチームの一員となっているが、クリスチャン・ホーナーはChannel4からレッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスではなく。セバスチャン・ベッテルと再契約することを検討していたかと質問された。

クリスチャン・ホーナーは、いくつかの議論があったと認め、そのような状況を元カノとの復縁に例えた。

「我々は何度か予備的な話し合いした」とクリスチャン・ホーナーは明かした。

「だが、それは昔のガールフレンドと復縁するようなもので、2度目がまったく同じになることはないだろう」

「我々が一緒に達成したことは本当に驚くべきものだった。非常に驚異的なことであり、それはずっと我々の歴史の一部だ。彼をチームの一員として迎えることができたことを非常に誇りに思っている」

クリシツアン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルが決断を発表するまで、2022年末でF1から引退することを計画していたことを知らなかったと語ったが、それは正しいことだと信じている.

アストンマーティンF1チームの一員として、セバスチャン・ベッテルがミッドフィールドよりも高い位置で競争できる車を持っていることは滅多になかった。

セバスチャン・ベッテルが引退することを知っていたかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「誰も知らなかったと思う。ポール・リカールのパドックを離れるときに彼に会った。彼にとって明らかに苛立たしい日だった」と語った。

「しかし、彼にとっては正しい決断だと思う。彼がミッドフィールドで走り回っているのを見るのは良いことではない。彼がそこから満足を得られるとは思わない。素晴らしいキャリアに幕を引く時が来た」

F1ハンガリーGP後の月曜日、フェルナンド・アロンソが2023年からセバスチャン・ベッテルの後任としてアストンマーティンF1チームに加入することが発表された。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル