レッドブルF1、“問題児”角田裕毅のために心理学者を雇う
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、角田裕毅をレッドブルの“問題児”と名付け、心理学者を雇って彼の気性を助けた。

角田裕毅のルーキーシーズンは、スクーデリア・アルファタウリのチームメイトであるピエール・ガスリーとの対戦に苦労し、無線での下品な言葉での爆発は彼の特徴の一部になった。

角田裕毅のパフォーマンスは、ピエール・ガスリーと比較して2022年に向上し、チームメイトの16ポイントと比較して11ポイントを獲得している。ただし、周囲の車と比べて競争力は劣る。

しかし、F1イギリスグランプリでは、角田裕毅はヴィレッチ(ターン3)でピエール・ガスリーを追い越そうとしたときに同士討ちを演じてチームに謝罪。再び評価を下げることになった。

ヘルムート・マルコは、ドイツのServusTVでF1ドライバーのメンタリティについて話し、コックピットにいるときのマックス・フェルスタッペンの冷静さを例を挙げ、角田裕毅の怒りはスピードを制限していたので、チームは介入することにしたと明かした。

「彼はコーナーで暴言を吐き続けたため、それがパフォーマンスを阻害したため、我々は彼と協力する一種の心理学者を用意しました」とヘルムート・マルコは語った。

「我々は感情を抑えなければならない。マックスは落ち着いており、その点で我々の問題児は角田だ。彼はラジオで爆発する。信じないだろうがね」

その後、ヘルムート・マルコは、F1ドライバーのエンジニアとの無線通信に関する考えをさらに詳しくかあり、与えられた指示は「自動車教習所のようなもの」であり、ドライバーはピットウォールで指示に従っていると主張した。

彼は、ドライバーが競合状態の間にこの種の情報を受け取るべきではないことを提案した。それはドライバーを助け、運転中の独立性の要素を奪うからだ。

「ドライバーをオンのままにしておくことで、一方向にしか進まないように制限することはできるが、彼は技術的なサポートを受けられない」とヘルムート・マルコはMotorsport-Totalに語った。

「無線で忙しいルイス(ハイルトン)にエンジニアは『ターン10のブレーキングで5メートル失っている。ターン3では他のドライバーは少し遅いが、上手く立ち上がっている』と伝える。ドライバーはそういったすべての情報を取得し、それによってドライバーは簡単になった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ / 角田裕毅