レッドブルF1代表 「2022年のメジャーアップデートは終了」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2022年の残りのシーズンでRB18にメジャアップデートが入ることはなく、いくつかのマイナーをアップデートによる“控え目な進化”になると語る。

両方のチャンピオンシップのリードを広げているレッドブル・レーシングだが、今年はいくつかの問題に直面した。マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスはすでに合計4回のリタイアを喫しており、RB18は信頼性だけでなく、重量の問題も抱えている。

2022年シーズン序盤のRB18は最低重量を“2桁”単位で上回っていたが、それでも数kgは軽量化される可能性がある。

信頼性に関しては、先週末のカナダブランプリで再び打撃を受けた。レッドブル・レーシングは、セルジオ・ペレスをリタイアに追い込んだ原因を見つけるためにF1イギリスGPに向かて忙しく準備を進めている。

「セルジオ・ペレスのギアボックスは機能しなくなった」とクリスチャン・ホーナーはRacingNews365に語った。

「チェコのエンジンは問題ないように見えるが、詳細に調べるまで、正確な原因を特定することは困難だ」

クリスチャン・ホーナーは、信頼性は頭痛の種であると強調する。

「信頼性は常に懸念事項であるため、チェコのマシンで何が起こっていたのかを理解する必要がある。それから学び、適切な対策を講じる必要がある。明確な理由もなく車の1台がダウンした場合は常に懸念事項だ。残りのレースで他の車の運命に不安を感じるものだ」

しかし、マックス・フェルスタッペンの車は生き残り、F1カナダGPで優勝した。その結果、現在、フェルスタッペンはチャンピオンシップで健全なリードを築いている。

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンとチームメイトのセルジオ・ペレスにメジャーアップデートがあるか、たとえば、それにより、RB18が数キロの軽量化を実現する可能性があるかと質問された。

だが、クリスチャン・ホーナーは、現在は大規模なアップデートパッケージを投入するのはかなり難しいと説明する。

「大きなものは予定していない。それらは現在の車の控えめな進化となる。予算上限によって、我々は余裕をもってそれを行う必要がある」とクリスチャン・ホーナーは説明する。

「今は古いパーツが寿命を迎えたときに新しいパーツが導入される。したがって、近年のF1で見たものとは、開発の形態が大きく異なっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル