レッドブルF1代表、フェルスタッペンのDRS問題は「調整できる」 / アゼルバイジャングランプリ
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの1回目のプラクティスセッションでマックス・フェルスタッペンに発生したDRS問題をチームが解決できると確信している。

マックス・フェルスタッペンのDRSフラップは、特に長くパンピーな加速ゾーンを特徴とするバクー・シティ・サーキットでの1回目のプラクティスセッションで高速域で振動し始めた。レッドブル・レーシングは彼の車とチームメイトのセルジオ・ペレスの車をチェックのためにガレージに持ち込んだ。

1回目のセッション終了後、クリスチャン・ホーナーは「もちろん、我々はそれを確認した、我々はそれに関するデータを持っているし、セルジオのウイングとの比較と比較できるので、今日の午後にむけて確実にそれを根絶するためにやらなければならないいくつかの修正があると思う」とSky Sports F1に語った。

マックス・フェルスタッペンはスペイングランプリでDRSの問題を経験している。予選ではQ3最後のアタックを諦める余儀なくされ、チームは日曜日向けて修正したと思われたものの、決勝でも再発し、ジョージ・ラッセルをオーバーテイクする努力を妨げた。

クリスチャン・ホーナーは、2台の車の仕様の違いがマックス・フェルスタッペンが今日遭遇した問題を説明するかもしれないと指摘した。

「重量は常に重要な要素であり、明らかにそれを車のいたるところで追及している」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「車には違いがあったので、セットアップと剛性を確認するだけで、今日の午後に解決できると期待している」

レッドブル・レーシングは、昨シーズンの終わりにもDRSの問題に遭遇したが、それ以降の技術規則の変更は、チームの現在のデザインが大幅に異なることを意味している。

レッドブル・レーシングのライバルチームは、すでにFIA(国際自動車連盟)にウイングの挙動について問い合わせをしていることをクリスチャン・ホーナーは明らかにしたが、フラップの動きが車のパフォーマンスを改善したとの見解を否定した。

「それはパフォーマンスに悪影響を及ぼす」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「パフォーマンスを向上させるものではないが、みんながそれに夢中になっている。次のセッションでは解決するだろう」

「いつも何らかの理由でマックスの車に発生しているようだ。したがって、我々はそれを解決する必要がある。我々はバルセロナからの問題を理解していると思うし、次のセッションにむけて調整することができることを願っている」

マックス・フェルスタッペンのDRSの調整はフリー走行2回目の開始時まで続けられたが、FP2の走行中にはDRSフラップのバラつきは見られなかった。

レッドブル・レーシング F1 アゼルバイジャングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン / F1アゼルバイジャンGP