レッドブルF1代表 「クセが強くないRB18がペレスの助けになっている」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、あまりクセが強くないマシンに仕上がった2022年F1マシン『RB18』の特性がセルジオ・ペレスが強力なパフォーマンスを維持する助けになっていると考えている。

昨年、レッドブル・レーシングに加入したセルジオ・ペレスは、アゼルバイジャングランプリで優勝し、190ポイントを獲得してドライバーズチャンピオンシップで4位に終わった堅実なデビューキャンペーンの後、チームで2年目を迎えている。

昨年マシンのRB16Bを理解するのに苦労したセルジオ・ペレスだったが、今年はこれまで完走してレースではすべてトップ4でフィニッシュしており、より定期的にチームが求める結果を出している。

F1ワールドチャンピオンを獲得のためにチームメイトのマックス・フェルスタッペンに挑戦する可能性は低いものの、レッドブル・レーシングはポイントリーダーのスクーデリア・フェラーリに6ポイント差とコンストラクターズタイトル獲得を確実に狙えるポジションにいる。

昨年までのレッドブル・レーシングのF1マシンは、ピーキーな特性をもったクセの強いマシンであり、マックス・フェルスタッペンしか完璧に乗りこなすことはできなかった。

しかし、今年はF1レギュレーションが変更となり、チームは新しい空力哲学でマシンを設計しなければならなかった。レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、昨シーズンに学ばなければならなかったことと比較して、クセの強くないRB18はセルジオ・ペレスに合っていると語る。

「彼は非常に高いレベルで運転している」とクリスチャン・ホーナーは記者団に語った。

「彼は今年、チームでより快適に感じている。今年の車の方が彼に合っていると思う。以前の、おそらく3台の我々の車が持っていたような特異性はない」

「我々は彼の仕事に満足している」

しかし、レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとして2023年にセルジオ・ペレスにもう1年を提供するのに十分満足しているのだろうか?

現時点では、レッドブルがピエール・ガスリーの将来について決定を下す必要があることを除いて、変更を加える明確な理由はないようだ。ガスリーは、レッドブルの“姉妹”チームであるスクーデリア・アルファタウリの大きな役割を担っている。

しかし、マイアミGPでセルジオ・ペレスの4位でフィニッシュする前、クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングが2022年以降もペレスにコミットする前に、より多くの証拠が必要であると主張した。

「我々は4レースのサンプルしか見ていないし、まだシーズン序盤だ」とセルジオ・ペレスがサウジアラビアグランプリでF1初ポールポジションを獲得するのを見たクリスチャン・ホーナーは語った。

「しかし、チーム内の全員がチェコ続けている仕事に非常に満足している」

過去2年でドライバーズチャンピオンシップを4位で終えているセルジオ・ペレスは、現在、1つ上を目指している。現在、2位のマックス・フェルスタッペンに19ポイント差の3位につけている。

セルジオ・ペレス レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル