レッドブルF1代表 「2022年にピットストップの新記録は生まれない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今年の18インチタイヤへの切り替えを含むF1レギュレーションの変更は、必然的にピットストップ時間に影響を与えると語る。

レッドブル・レーシングのクルーは、F1史上最速のピットストップ記録を保持している。マックス・フェルスタッペンのRB15は、2019年のF1ブラジルGPで1.82秒という驚異的な速さのピットストップを達成した。

それ以来、レッドブル・レーシングは、ピットストップで最速のF1チームであり続け、DHL Fastest PitStop賞を4年連続で受賞している。

しかし、今年はF1の新しい重い18インチホイールのため、2019年の記録に近づく可能性はほとんどない。

「それは間違いなくピットストップに影響を与えるだろう。タイヤとホイールはより重く、よりかさばる」と2022年F1マシン『RB18』のプレゼンテーションでクリスチャン・ホーナーは語った。

「1.82秒という世界記録を獲得しているが、これらのホイールでこの最初の年にそれに挑戦することはないと思う」

「我々の技術を適応させ、洗練することが重要であり、これらのホイールとタイヤを使っても、2秒近くのストップに近づくことができると確信している」

レッドブルF1のスポーティングディレクターを務めるジョナサン・ウィートリーは、ピットストップは遅くなるが、一貫性とファンブルの回避がこれまで以上に重要になると語る

「我々はF1で新しいフェーズに入っている。2022年には18インチのホイールと大きく重いホイールが搭載される。率直に言って、現時点でこれらのタイプのホイールでピットストップの練習を1回も試していない」と昨年末にジョナサン・ウィートリーは言った。

「来年はまったく異なるダイナミクスが必要になる。一貫性を保つには大きな鍵になるだろう。それが我々が冬の間ずっと取り組んでいるだ」

ジョナサン・ウィートリーは、緊密に調整されたチームワークと重要なタイヤ交換の練習を「チームパフォーマンスの具現化」と呼ぶ。

「ドライバーを含めて22人いる。一人一人が素晴らしい仕事をしなければならない」とジョナサン・ウィートリーは語った。

「そのモチベーション、その一貫性ーそれは本当にやる気のある個人から来ている」

「人間的に可能な限り最も一貫したピットストップを達成するための我々の努力は、男たちができる信じられないほど速い時間によって支えられてきたと思う」

「非常にやる気のある個人のグループができたとき、彼らはその精神でチームとして集まる」

「我々は浮き沈みがあり、今年(2021年)は状況がうまくいかず、非常に遅いピットストップがあった。彼らは自分自身を再構築し、戻ってきた。私は彼らを非常に誇りに思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル