レッドブルF1、フェルスタッペンの成功の鍵は「No risk, no fun」の精神
レッドブルF1は、マックス・フェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンに育てる鍵となったのは、メルセデスF1に対しての『No risk, no fun(リスクを冒さなければ、楽しみはない)』の精神だと語る。

2021年、マックス・フェルスタッペンは、最終戦F1アブダビGPのファイナルラップでルイス・ハミルトンをオーバーテイクし、自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得。F1のターボハイブリッド時代におけるメルセデスF1のドライバーズタイトルの支配を終わらせた。

それは、マックス・フェルスタッペンがチャンピオンになるための才能を持っていることを早い段階から確信していたレッドブの長年の信念の集大成だった。

偶然にも、レッドブルは、マックス・フェルスタッペンのジュニアキャリアにおける契約をメルセデスと争っていた。レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、状況に対するレッドブルの姿勢を称賛した。

ヘルムート・マルコは、書籍『Formula Max』でレッドブルがメルセデスにはできない方法で物事にアプローチしたと語った。

「もちろん、マックスがメルセデスとも話していることは知っていたが、メルセデスではそれほど早くF1に到達することはなかっただろう」とヘルムート・マルコは当時について語った。

「彼らはニューカマーを起用するリスクは冒さない。だが、彼と契約してすぐにF1に入れるという私の計画は、メルセデスを凌駕したいことが目的ではなかった。彼がF1の準備ができているのを目にし、それが事実であることが分かったからだ」

「一般的に言って、レッドブルはメルセデスとは異なる。我々は『No risk, no fun』の精神を持っている」

マックス・フェルスタッペンが17歳でF1に昇格した当時は批判があったが、ヘルムート・マルコはレッドブルが正しい決断をしたことを疑うことはなかったと語った。

「批判は予想されていたが、正直なところ、それは計算されたリスクだった」とヘルムート・マルコは言った。

「我々は、トロロッソでレギュレーションの範囲内でやれるすべての適切なテストをマックスに与えた」

「彼は、カレンダーの中で最も難しいサーキットの1つである鈴鹿で初めてFP1に登場した。そして、彼がそのような難しいトラックにどのように対処するかを見るのは良い場所だった」。

「全体として、それは彼の最初のF1シーズンに向けた非常に良い準備だった。もちろん、ジュニアカテゴリーで成功するドライバーが必ずしもF1で成功するわけはないので、それは常にリスクだ」

「しかし、彼との会話の中で、私は彼が時代を先取りしていると確信した。肉体的にも精神的にも彼はF1に十分な強さを持っていた。我々は自分たちの決定を疑うことはなかった」

「マックスはトロロッソでカルロスサインツというより経験豊富なチームメイトがいた。彼はジュニアシリーズではるかに多くの経験があったが、マックスはすぐに同じレベルでスタートした」

マックス・フェルスタッペンのF1での進歩は急速であり、ヘルムート・マルコは、トロロッソとレッドブルの両方での初期の頃とは大きく異なるドライバーになったと語る。

「彼は成熟した」とヘルムート・マルコは説明した。

「違いは、たとえば、今年(2021)のフリープラクティスで問題が発生した場合、彼は落ち着いていたことだ」

「以前は、彼はピットボックスで爆発したり暴言を吐いたりしていた。今、彼はそれを変更することはできず、エンジニアもそれを変更することはできないことを知っている。したがって、彼は次のセッションまたは次のチャンスにはるかに集中している」

「例えば、以前にレースでも周回遅れのマシンがどいてくれないならないときなどに焦りが見られてた。彼は間違いなくそれを時間をかけて学んだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン