レッドブルF1代表、カタールGPでのマーシャルへの暴言の“禊”を完了
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、FIA(国際自動車連盟)を怒らせたF1カタールGPの予選後の暴言に対する彼の「禊」を完了した。

F1カタールGPの予選でマックス・フェルスタッペンがダブルイエロー無視によって5グリッド降格ペナルティを科せられた後、クリスチャン・ホーナーは、FIAへの不満を露わにした。

クリスチャン・ホーナーは、この一件について「旗を出していたのはただのロウグ(ペテン師)のマーシャルで、彼はFIAからの指示も受けていなかったと思う」と語った。

スチュワードは、クリスチャン・ホーナーの発言は、FIAとその役人への誹謗中傷を禁じるA国際モータースポーツ競技規則に違反したとして公式の警告を発した。

スチュワードは、クリスチャン・ホーナーは、自身の反応についてマックス・フェルスタッペンのペナルティに続いて「競争のプレッシャーの下でなされたもの」であると説明したと述べた。

「ホーナー氏は、関係するマーシャルに謝罪し、彼が違反していないことをメディアに説明することを申し出た。彼はまた、2022年2月初旬にFIA国際スチュワードプログラムに参加することを申し出た」

国際スチュワードプログラムは、先週末に行われ、クリスチャン・ホーナーは世界中のスチュワードに加わった。このコースは、さまざまなモータースポーツ分野にわたるマーシャリングを改善する方法を議論することを目的としており、F1スチュワードのゲイリー・コネリーやティム・メイヤーなどが講演した。

また、クリスチャン・ホーナーは、F1レースディレクターのマイケル・マシ、フェラーリのシャルル・ルクレール、フォーミュラEのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ、WRCのヤリ・マティ・ラトバラ、アドリアン・フルモーとともに、コンペティターのパネルに参加した。

FIAがこの種の罰を与えることはあまりないが、2018年のF1ブラジルGPのレース後、マックス・フェルスタッペンが、エステバン・オコンを突き飛ばした件について2日間の「FIAの指示による公務」の実施を命じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル