レッドブルF1代表、ハミルトンのF1引退の噂は「我々には関係ない話」
レッドブルF1代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ライバルであるメルセデスF1のルイス・ハミルトンが引退するかどうかは「我々には関係ない話」だと切り捨てた。

2021年のF1アブダビGPでの物議を醸したマックス・フェルスタッペンへの敗北は、ルイス・ハミルトンを深く傷つけており、今年F1に戻ってくるかどうかについて多くの憶測を呼んでいる。

レースをフィニッシュした後の「操作された」との発言とパルクフェルメでの短いインタビュー以来、ルイス・ハミルトンは沈黙を貫いており、12月11日のF1アブダビGPの予選後、Instagramに何も投稿しておらず、フォローはすべて解除している。また、年末に行われたFIA年間表彰式も欠席した。

ルイス・ハミルトンが奪われたのは1回の勝利だけではなく、8回目のF1ワールドチャンピンでもあった。レッドブル・レーシングとメルセデスF1の緊張関係はすでに存在していたが、シーズンが終了しても、結果を巡って論争は増加しただけだった。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンが今年戻ってくるかどうか、F1にハミルトンはまだ必要かとWIONから質問された。

「今年彼が戻ってくることを願っているのは確かだ」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「彼はまだ信じられないくらい高いレベルでドライビングしている。昨年、二人のドライバーは異なるレベルにいた」

しかし、クリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンを放っておくことにしている。それはハミルトンの選択であり、何をするかを決めるのは彼自身だと語る。

「それは我々には関係のない話だ」とクリスチャン・ホーナーは締めくくった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン / メルセデス