レッドブルF1首脳、FIAに改善要請「ルールはより正確である必要がある」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年のスチュワードの一貫性の欠如を改めて指摘。F1ドライバーのコース上でのルールは“より正確”である必要があると主張する。

2021年のF1世界選手権は、F1アブダビGPのレース終盤にF1レースディレクターの物議を醸した判断によって締めくくられた。

幸運にもレッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンはドライバーズタイトルを獲得したが、シーズン中にはいくつかスチュワードによってフェルスタッペンに反する裁定が下された。

ヘルムート・マルコは、ライバルであるメルセデスF1に対してなされた判断を考慮しても、スチュワードの決定が全体的に一貫性に欠けていtと主張し、FIA(国際自動車連盟)に新会長のモタメド・ビン・スライエムのリーダーシップの下でそれを変更するように促した。

「我々は新しいFIA会長を迎えた。そして、私がこれまで彼から耳にしたことは良さそうだ」とヘルムート・マルコはServusTVに語った。

「彼は革新を望んでいる。ニキ・ラウダが思いついた『彼らにレースをさせてくれ』というモットーについて考えるべきだと思う。そこが出発点でなければならない」

「決定に一貫性が見られないため、我々はすべてがランダムなように感じている。ルールはより正確である必要がある。スチュワードは自分自身をより明確に表現し、より良い決定を下す必要もある」

「これやあれをした場合、やっていいのか、もしくはペナルティが科せられることを知っておく必要がある。ある時にそれが駄目なら、他の時も再び駄目でなければならない」

ヤス・マリーナでのF1シーズンのフィナーレの論争の的となったイベントの後、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チームのピットウォールとレースコントロールの間のすべてのレース中の無線通信を特定のチームメンバーに制限することを提案した。
「想像してみてほしい。マシは決定を下すのに数秒、おそらく10秒しかかからないことがある」とヘルムート・マルコは主張した。

「チームマネージャーは実際にチームのボスからメッセージを受け取り、それをレースディレクターに通す必要がある。彼は自由に決めることができるからだ」

「レースディレクターは誰にも頭を悩ませてはならず、誰も決定に影響を与えることができることなく、決定を下すべきである」

「そうすれば、主にレッドブルで我々に影響を与えたすべてのインシデントだけでなく、メルセデスのような他のチームも回避できると私は信じている。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル