メルセデスF1とレッドブルF1、ベン・ホジキンソンの移籍で合意
F1のライバルであるメルセデスF1とレッドブルF1は、ベン・ホジキンソンが2022年にレッドブル・パワートレインズに移籍することで合意に達した。

2021年4月、メルセデスHPPの機械工学責任者を務めたベン・ホジキンソンが、レッドブルF1が新設したエンジン部門であるレッドブル・テクノロジーズにテクニカルディレクターに移籍することが発表された。

メルセデスF1とレッドブルF1のチーム間での話し合いの結果、ベン・ホジキンソンはF1スペインGPの直後となる5月24日からレッドブル・パワートレインズで作業を開始できることが合意された。

「メルセデスF1とレッドブルF1は本日、ベン・ホジキンソンの任命に関して合意に達した」と共同声明で発表された。

「その合意の条件の下で、2001年8月にメルセデスに加わったベンは2022年5月24日からレッドブル・パワートレインズに自由に加わることができる」

レッドブルは、F1がエンジン開発を3年間凍結することを決定したことで、2022年からホンダのF1パワーユニットの知的財産権を引き継いで運用を開始している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス