レッドブルF1首脳 「ペレスのハミルトンへの防御はフェアだった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1のルイス・ハミルトン“危険”だと評したF1アブダビGPでのセルジオ・ペレスのハミルトンに対する防御は“かなりフェア”なものだったと主張する。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは、同ポイントでヤス・マリーナ・サーキットでの最終決戦に臨み、ポールポジションはフェルスタッペンが獲得したものの、決勝ではスタートでハミルトンがリードを奪った。

そこからルイ・ハミルトンは快適なバッファーを築き、マックス・フェルスタッペンにはいくつかのサポートを必要だった。ハミルトンとフェルスタッペンがほぼ同じタイミングで1回目のピットストップを行った後、セルジオ・ペレスは摩耗したタイヤでステイアウトし、ハミルトンを抑えた。

最終的にセルジオ・ペレスは、ルイス・ハミルトンから8秒を奪うことに成功し、マックス・フェルスタッペンを再び戦場に戻した。

ルイス・ハミルトンは、チーム無線でセルジオ・ペレスのドライビングを“危険”と評したが、ヘルムート・マルコは同意ない。

「彼は2周でハミルトンを8秒遅くしたが、非常に公平な方法でだった」とヘルムート・マルコはServusTVに語った。

「もちろん、彼は再び 『危険な運転』と言った。我々はそれを知っている」

「彼は信じられないほど忠実でチームプレーヤーだ。もちろん、我々は彼と特定のシナリオについて話し合い、彼はそれらを遂行する。彼は、不平を言ったり、反抗したり、質問したりすることはない」

また、ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスがマックス・フェルスタッペンと比較してより高いダウンフォースのセットアップを走らせていたことを明らかにした。これにより、最終セクターで追加のパフォーマンスを得ることができ、ハミルトンとのバトルを支援した。

「マックスとはわずかに異なるだけだったが、彼はより多くのダウンフォースを持っていたので、セクター3でより速かった」とヘルムート・マルコは明らかにした。

「そして、それも彼があの防御を実行することをより簡単にした」

マックス・フェルスタッペンも、チームメイトを称賛することに熱心であり、セルジオ・ペレスの介入が自分をタイトル争いに戻してくれたと語っている。

マックス・フェルスタッペンは最終的にセルジオ・ペレスをクリアした後、ルイス・ハミルトンにオーバーテイクすることができなかったが、終盤にセーフティカーが導入された際に、メルセデスF1にはルイス・ハミルトンを“ピット”に入れて、リードを維持するのに十分なアドバンテージを持っていなかったと述べた。

マックス・フェルスタッペンは最終ラップではるかにフレッシュなタイヤをうまく利用してルイス・ハミルトンをパスし、初のF1ワールドチャンピオンを獲得しており、セルジオ・ペレスが縮めたギャップは決定的に重要だった。

「チェコがしたことは信じられないほどだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「メルセデスはセーフティカーに止まらなかったので、それは最終的に僕たちのレースにもなった。もちろん、チェコがなければ、僕はワールドチャンピオンにはなれなかっただろう」

セルジオ・ペレスが、ルイス・ハミルトンの最も歓迎されない障害物となったのは初めてではなかった。彼はF1トルコGPでも同じことを行い、サーキットの隅々まで使ってハミルトンを抑え、最終的には5位フィニッシュに制限した。

ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスがレースでは自分の力を発揮できるが、予選のパフォーマンスは依然として弱点だと考えている。

「たとえば、トルコでも彼を抑えていた」とヘルムート・マルコはF1トルコGPの戦いを思い出しながら語った。

「彼には1つの弱点がある。それは予選だ。しかし、レーススピードでは、彼は完璧にそこにいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス