レッドブルF1代表 「同じマシンならフェルスタッペンがハミルトンに勝つ」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが同じマシンでレースをしたならば、どちらが勝つかは“間違いない”ことだと語る。

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンが2021年シーズン後半にマシンから引き出したパフォーマンスレベルを称賛。その時点で強力なパッケージを持っているのはメルセデスF1のように見えていた。

クリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンのF1での数々の業績に敬意を払いつつも、マックス・フェルスタッペンが同じマシンを持っていれば、彼よりも優れているだろうと示唆した。

「ルイスが成し遂げたことを否定することはできない」とクリスチャン・ホーナーはThe Timesに語った。

「彼は絶対的な偉人の一人であり、統計的に歴史上最も成功している」

「しかし、マックスとルイスをあのマシン(メルセデス)車に乗せれば、誰がトップに立つかは間違いないことだ。ルイスを我々のマシンに乗せれば、誰がトップに立つかは間違いない」

「マックスなら何でも可能だ。(F1サウジアラビアGP)ジェッダで競争できるとは思っていなかった。あれは主にマックスに腕によるものだった」

「彼が運転した方法には十分な信用が与えられていないと思う」

クリスツヤン・ホーナーは、それはマックス・フェルスタッペンが常にチームメイトよりも力強いパフォーマンスを発揮したことに反映されていると考えている。ルイス・ハミルトンはそうではなかった考えている。

「バルテリ(ボッタス)とルイスの違いはほとんど見られなかった。ニコ(ロズベルグ)も同じだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「マックスは今年、このマシンからすべてのパフォーマンスを引き出した。そして夏にメルセデスのスピードの上昇以来、このチャンピオンシップで我々ちを維持してきたのはマックスのドライビングだった」

「彼は絶対に傑出している。ライバルよりも馬力とパフォーマンスが低いマシンで達成できることを時にはそれが見過ごされている」

マックス・フェルスタッペンは、最終戦F1アブダビGPの物議を醸した最終ラップで初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン