レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイの妻 「最愛の人を失いかけた自転車事故だった」
レッドブルF1のチーフテクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューウェイの8月の自転車事故は、「複数の頭蓋骨骨折」という重要であり、生命を脅かす可能性があったと妻のアマンダはソーシャルメディアで明かした。

63歳の生ける伝説のF1デザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、マックス・フェルスタッペンが2021年のドライバーズタイトルを獲得したレッドブル・ホンダ RB16Bを生み出した。彼のマシンでドライバーズタイトルを獲得した7人目となる。

しかし、F1史上最長のカレンダーによる厳しい年で、エイドリアン・ニューウェイは夏休み中に自転車事故に見舞われ、手術を必要とした。その結果、ニューウェイは数レースをリモートで参加することにあり、パドックでは彼の不在がレッドブル・ホンダの不調と一致したという解釈につながった。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「彼は休暇中に事故に遭い、ありがたいことに彼は完全に元気に戻った。彼はもう数週間いる」とエイドリアン・ニュウェイがF1トルコGPのパドックに戻ってから2週間後のCOTAで語った。

日曜日に夫の63歳の誕生日を祝うInstagramの投稿で、アマンダ・ニューウェイは、彼のサイクリングのクラッシュがどれほど危険であったかという理由で「特別」だと感じたと述べた。

「8月、私は彼の自転車事故の後、人生で最愛の人を失いかけました」と彼女は書いた。

「複数の頭蓋骨骨折-開頭術(頭蓋骨の一部を一時的に取り除く必要がある手術)から10日以内にオランダGPのバーチャルピットウォールに座ったのは彼の強さと意欲の表れです」

「彼の回復は奇跡にほかなりませんでした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル