レッドブル・ホンダF1 「ターン1までの最初の500mが勝負」 F1カタールGP 予選
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年F1カタールGPの予選を振り返った。

レッドブル・ホンダF1は、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに0.455秒差をつけられての2番手。セルジオ・ペレスはQ2敗退を喫して11番手スタートと厳しい状況に置かれた。

「マックスがフロントローに並ぶのは素晴らしい結果だ」とクリスチャン・ホーナー。

「彼は今日のクルマから最高のパフォーマンスを発揮した。明日はターン1に向けてチャンスがあるとは思っているが、ここのコーナー速度によって、それ以降は接近してオーバーテイクを仕掛けるのはかなり難しいだろう」

「したがって、最初の500mが重要になってくる。次に戦略、ピットストップ、信頼性、これらすべての要素が重要になる。このトラックではタイヤに一定の負荷がかかるため、明日、タイヤがどれくらい持続するかを確認するのは興味深いことだ」

「チェコがトップ10に入らなかったのは残念だが、長いグランプリであり、彼は明日のレースで我々にとって非常に重要な要素になる可能性がある」

「タイトル候補の二人が隣り合ってスタートするので、素晴らしいレースになるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル