レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは衝撃で意識を失っていた」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンがシルバーストーンで51Gの衝撃を受けたコプスでクラッシュした後、意識を失っていたと語る。

激しいバトルを展開するマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、F1イギリスGPでついに接触事故を起こす。ハミルトンがコプスでインサイドを突いて両者は接触。フェルスタッペンは160mphでタイヤバリアに突っ込んでリタイアした。

ルイス・ハミルトンには10秒加算ペナルティが科されたが、フィールドを切り抜けてレースに勝った。

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、より広い視野で接触を振り返り、マックス・フェルスタッペンは最終的には大丈夫だったが、最初のインパクトで意識を失っていたと語る。

「彼はハードワークをしたので、明らかにシルバーストンの結果に大いに不満を感じていた」とクリスチャン・ホーナーはこれまでのタイトル争いを振り返るインタビューで Channel 4 に語った。

「彼はスプリントレースを制し、メインレース、グランプリのポールを獲得した。スタートを切った後、週末を通して2番グリッドが有利だったは、なんとかスタートを制することができた」

「だが、ウェリントン・ストレートをその旨味はかなり失われた。そして、もちろん事故があった。51Gという大事故だった。それはシートを破壊し、彼は意識を失っていたと思う。彼のキャリアで最大の事故だった」

「それは彼にとって大変だった。彼が自分がチームを失望させたことに失望していた。我々は予算上限の世界におり、事故は莫大な事故でもあった」

「しかし、彼は月曜日すぐに身をかがめて『今日またレースをしなければならなかったとしても、僕はレースをすることができる。ボロボロで傷があるし、少し痛みもあるけど、僕はやれる』と言っていた」

両者はF1イタリアGPで再び接触。最初のシケインでアウトサイドからマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを抜こうとして接触。今回はかなり低速だったが、フェルスタッペンのマシンはハミルトンに乗り上げて両者はリタイアとなった。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンの無事を確認せずにピットに戻ったことで批判を受けた。ハミルトンは、同じ状況ならば、フェルスタッペンが無事かどうかを見に行ったと語ったが、クリスチャン・ホーナーは事故の性質は比較できないと感じている。

「非常に異なっていると思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「シルバーストンのマックスは時速160マイルで51Gで壁にぶつかり、意識を失い、病院に空輸された。それとモンツァでの事件との大きな違いは、彼がまだ車の中にいて、エンジンがまだ動いている間にルイスがリバースに入れて抜け出そうとしているのを感じることができたということだ」

「彼はルイスが完全に無事であることを知っていた。確かに、メディカルカーは現場を訪問する必要性すらないと見ていた。したがって、まったく別のシナリオだったと思う」

「もちろん、大きなことが起こると、PRマシンが動き始めるが、あれはレーシングインシデントだった。彼はルイスが完全に無事であることを知っていた。彼はリバースでグラベルを抜けようとしているのを感じることができた。とにかく彼はモンツァで素晴らしい結果を出す機会を失ったことに失望していた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン