レッドブルF1代表 「独自のF1エンジンプログラムは興味深い成長をもたらす」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・パワートレインズでの独自のF1エンジンプログラムはチームにとって興味深い成長をもたらすと考えている。

ホンダのF1撤退により、レッドブル・パワートレインズが2022年からホンダのF1パワーユニットに関連する知的財産(IP)を使用する。2022年はホンダがパワーユニットの組立、トラックサイドでのエンジニアリングサポート提供、レースオペレーション支援でレッドブル・パワートレインズをサポートする。

しかし、2023年以降はレッドブル・パワートレインズがレッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリが使用するエンジンのすべての製造点検作業の責任を負う。

現在、レッドブルはレッドブル・パワートレインズのセットアップを忙しく進めているが、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、新しい施設の建設は驚異的なスピードで進んでいると語る。

「レッドブル・パワートレインズのスピードはかなり良好だ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「現在、建設の第25週にある。これがどのように進行するかを見るのは非常にエキサイティングだ。これは、レッドブルの歴史における重要なマイルストーンです。」

新しいエンジンプロジェクトで、クリスチャン・ホーナーは経験豊富な人材と経験の浅い人材の両方をチームに迎えたいと考えている。

「多くの新しい才能のあるスターターを見るのは素晴らしいことであり、新入社員のトレーニングも計画どおりに進んでいる」

新しい才能に加えて、ホンダ・レーシング・デベロップメントUK従業員のレッドブル・パワートレインズへの転籍が実施される。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルのF1エンジンがマシンを製造している同じ場所で製造されることは、メルセデスやルノーよりも有利だと考えている。

「まもなく、フェラーリ以外、ホームベースでエンジンに関連するすべてのものを製造および保守する唯一のチームになる」

メルセデスとアルピーヌは、独自のパワーユニットを製造していますが、本拠地から遠く離れた工場で製造している。

クリスチャン・ホーナーによれば、レッドブルは競合他社と比較してもう少し多くのステータスを獲得すると予想している。

「これはチームにとって興味深い成長になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1