レッドブル・ホンダF1 「今後のタイトル争いは信頼性が鍵を握る」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、これからの2021年のF1タイトル争いは、信頼性が“重要な役割を果たす”と確信している。

前戦F1トルコGPでは、ルイス・ハミルトンが新しいICE(内燃エンジン)を投入。メルセデスはDNFなしではシーズンを終わらせないのではないかと恐れていたのに対し、レッドブル・ホンダは、両方のドライバーがすでにまったく新しいパワーユニットを投入している。

残り6戦で、ラインキング首位のマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンはわずか6ポイント差となっている。

「間違いなく信頼性が重要な要素になるでしょう」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「明らかに、今後、エンジンのペナルティはグリッド上でわずか5グリッドだ。したがって、最初のエンジンほど重要ではないがが、それでも信頼性が重要な役割を果たす。適切なタイミングで適切な判断をし、集中して、神経を研ぎ澄まし、基本をうまくやっていくことが重要だ」とクリスチャン・ホーナーは語る。

そして、クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンもしくはセルジオ・ペレスのどちらかが別のエンジンペナルティを受けることを余儀なくされると確信している。

「通常の状況では、ソチで受けたペナルティでそれを行うことができるはずだと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「それは我々のプールでまだ生きている3基のエンジンを与えてくれた。エンジンは1基だけではない。したがって、理論的には、シーズン終了に到達できるはずだ」

「Never say never(ありえないなんてことはない)」

F1トルコGPでは、メルセデスでパフォーマンス上で大きな優勢を見せ、バルテッリ・ボッタスがマックス・フェルスタッペンに14秒差をつけて勝利した。

クリスチャン・ホーナーは、メルセデスがトルコで非常に強かった理由を理解するために、チームは徹底的な分析を行うと語る。

「F1は、それがパワーユニット、グリップレベル、我々のマシン、競合他社固有のものであるかどうであれ、すべての要素を調べることで成り立っているビジネスだ。それがゲームの本質だ」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「どのチームも調べていると確信しているし、常にこのビジネスで学んでいる。今日のような日には、シミュレーションデータからわかるように、経験と勘が物を言う。自分たちが見ることができるものとドライバーが感じているものに反応しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1