メルセデスは何をした? 直線スピードにレッドブル・ホンダF1が困惑
レッドブル・ホンダF1は、先週末のF1トルコGPでメルセデスの直線スピードに近づくことができなかった。チームの上層部はメルセデスの豹変ぶりに困惑している。

2021年のチャンピオンシップ争いで、レッドブルとメルセデスはコース内外で激しく戦っており、両陣営からエンジンパフォーマンスと直線スピードについてのコメントが繰り返されている。

レッドブルが、メルセデスのF1エンジンのプレナムシステムに関連する質問をFIA(国際自動車連盟)に提出したことで、両陣営の憶測はエスカレートしたが、FIAは何のアクションも起こしていないと理解されている。

F1トルコGPでは、メルセデス主にストレートで明確なパフォーマンス上のアドバンテージを持っていた。ルイス・ハミルトンは、週末に新しいエンジンを投入し、結果としてグリッドペナルティを受けたが、レースでのスピードは目を引くものだった。

「彼らの直線スピードは最近大きなステップを果たした」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「以前は小さなウイングでそれらに匹敵することができていたが、今では近づくことができない。ハミルトンは、特にトルコで、彼のマシンのリアウィングが大きくても、大きなアドバンテージを持っていた」

「パッケージを可能な限り最大化する必要がある。彼らがパワーユニットで果たしたとみられるステップは驚くべきことだ」

今シーズン、直線スピードの優位性は、メルセデスとレッドブル・ホンダの間で揺れ動いている。メルセデスは優れた直線スピードでシーズンを開始したが、レッドブル・ホンダはフランスとオーストリアで上回ったように見えていた。しかし、それ以来、メルセデスは再びその優位性を取り戻している。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコも「シルバーストンでのレース以降、メルセデスがどのように多くのパワーを見つけたかは私には謎だ」と語る。

「ホンダは今、ステップアップする必要がある。さもなければ、シャシーの領域で不利な点を補う必要がある」

メルセデスは、F1エンジンの信頼性問題と戦っているが、グリッドペナルティと引き換えに、ルイス・ハミルトンのは残りのシーズンにむけてプールに新しいエンジンを追加することができた。

クリスチャン・ホーナーは、新しいエンジンがより多くのパワーを解き放ったとするメルセデスの主張を疑問視している。

「それはすべてのチームで見ることができる。彼らが管理している信頼性にいくつかの問題があるのは明らかだ。これはメルセデスでは珍しいことだが、パフォーマンスは依然として信じられないほど印象的だ」とクリスチャン・ホーナーは語った。。

「一方が他方を犠牲にしたことから来ているのかどうかは分からないが、確かに強調されている。あるポイントでバックストレートのスピードデルタを見ると、時速15~20 kmだった。これはDRSを使用している場合よりも多い」

多くの場合、スピードトラップの数値は誤解を招く可能性があるが、それでもスリップストリームやDRSなどの変数を考慮しても、パフォーマンスのスナップショットを提供する。

F1トルコGPで、ルイス・ハミルトンはローダウンフォースのセットアップを走らせていたシャルル・ルクレールに次ぐ2番目に速いスピードトラップの数字を叩き出した。

ルイス・ハミルトンの最高速度は、セルジオペレスより7.7km / h速く、レースの大部分をスリップストリームなしで過ごし、スピードトラックでドライバーの中で最も遅いかったマックス・フェルスタッペンより13.6km / h速かった。 。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは、それぞれシーズン最初のペナルティが発生するエンジン交換を終えており、次に新しいパワーユニットコンポーネントを投入した場合、10位ではなく5位のグリッドペナルティになる。それほど大きくはないペナルティであるため、より戦略的な変更を価値のあるものにする可能性がある。

クリスチャン・ホーナーは、信頼性がタイトル争いで「重要な役割を果たす」と述べたが、メルセデスは少なくとももう1つのサーキット、つまり、アメリカでの次のグランプリで優位に立つことが可能性があると考えている。

「オースティンでの次のレースは、ここ数年ハミルトンのテリトリーだったが、メキシコとブラジルがあるし、高地でのレースでまだかなり強いことを願っている」

「最後の3戦は何を期待できるかわからないので、魅力的だが、最高の仕事をする必要がある」

「我々はトルコで可能な限りのことを引き出すことができた。素晴らしいピットストップ、優れた戦略、我々はピットウォールでドライバーと正しい判断を下すことができた」

「しかし、明確なペースでメルセデスにとって強力な会場だった」

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンが5位までしか挽回できなかったF1トルコGPを2位でフィニッシュしたことで、残り6戦でチャンピオンシップで6ポイントのリードを築いた。

ランキングで首位に返り咲いたにもかかわらず、マックス・フェルスタッペンは、メルセデスがイスタンブール・パークで「間違いなく速かった」とし、レッドブルは「それをまとめられなかった」と認めた。

「もちろん、なぜここでそれほど競争力がなかったのかを分析する必要がある。おそらく、彼らはおそらく少し競争力を高めたと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「ポイントをリードしているとしても、簡単なことではない。でも、これまでのところ本当に良い年だったし、1位か2位かで世界が変わるわけではない」
「僕は常に最善を尽くしている。オースティンでそれがどうなるかをもう一度見ていいたい」

「僕たちは諦めない。常にできる限りのベストを尽くしている。もちろん、チャンピオンシップの終わりにはそれで十分であることを願っているけど、そうでなくても眠りないようなことはない」

メルセデスは何をした? 直線スピードにレッドブル・ホンダF1が困惑

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス