レッドブルF1 「メルセデスのF1エンジンは合法だと受け入れる必要がある」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、チームはメルセデスのF1エンジンに疑惑の目を向けているが、FIA(国際自動車連盟)が合法と宣言したので、「受け入れなければならない」と科tる。

F1トルコGPで、メルセデスは予選で1-2を達成。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに0.3秒以上の差をつけ、独自のリーグにいた。

決勝では、バルテリ・ボッタスが快適に勝利を収めたが、ルイス・ハミルトンのエンジンペナルティがなければ、メルセデスは1-2フィニッシュを達成したはずだと多くの人が考えている。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、シーズンを通してトラックで見られた中で最速のW12だったと考えている。

「メルセデスは、使用しているダウンフォースに対してストレートで非常に速い。シルバーストーン以来、我々はそれを観察してきた。そこに何か奇妙なことがある」

ヘルムート・マルコは、メルセデスは「ここではほぼ15km / h速い」ので、「DRSをオープンにして走っている」のようだと形容した。

レッドブルは以前、メルセデスがF1エンジンを冷却するためにいくつかのトリックを使っていると考え、さまざまな点を明確にするようFIAに求めていたが、却下された。

Auto Motor und Sport は「プレナムを冷却するというメルセデスのトリックの疑いに対するFIAへの要求は全ては水の泡となった」ため、「ライバルを弱めることはレッドブルにとってはうまくいかなかった」と伝えている。

ヘルムート・マルコはそれを受け入れて先に進む必要があると語った。

「すべてがFIAによって明確にされた」とヘルムート・マルコは Motorsport-Magazin.com に語った。

「我々は、最高権威としてのFIAが決定することを受け入れなければならない」

F1トルコGPで2位表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペンは、チャンピオンシップ首位に返り咲いたが、ヘルムート・マルコはそれが短命に終わることを恐れている。

ヘルムート・マルコは、メルセデスのエンジンのゲインにより、レッドブル・ホンダが優位に立てそうなサーキットは高地サーキットであるブラジルとメキシコだけだと考えている。

「現時点では、我々は標高が高いメキシコとサンパウロの2つのレースしかアドバンテージがあると見なしていない。現在、メルセデスは他の4つのトラックの優勝候補だ」とヘルムート・マルコは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス