レッドブルF1代表 「他メーカーもメルセデスのエンジンアップデートに疑念」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスの最新のF1エンジンのアップデートについて“他のメーカー”も疑念を抱いているとしている。

最近、レッドブルは、メルセデスが最新のF1エンジンのアップデートでインタークーラーに関連したパフォーマンス向上がレギュレーションの抜け穴をついた違法なものだと主張して、騒動を引き起こした。

「すべてのチームがそうであるように、我々はいくつかの質問を提起した」とクリスチャン・ホーナーは DAZN に確認した。

「ちなみに、それはレッドブルだけではない。他にも質問を投げかけ続けているメーカーがいる」

「DRSをオープンにした場合よりも速い直線スピードを達成するのはかなり印象的なことであり、FIAに調査を依頼した」

クリスチャン・ホーナーは、メルセデスのこの開発により、2021年の世界選手権でのメルセデスとのレッドブル・ホンダの激しい戦いの様相も変わってきたと語る。

「彼らの直線スピードは最近大きな一歩を踏み出した」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「以前は小さなウイングでそれらに匹敵することができていたが、今では近づくことができない。ハミルトンは、特にトルコで、彼のマシンのリアウィングが大きくても、大きなアドバンテージを持っていた」

次のレースはオースティンで行われるが、クリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンとメルセデスの長年の「テリトリー」だと表現している。

「だが、メキシコとブラジルがあるし、高地でのレースでまだかなり強いことを願っている」とクリスチャン・ホーナーは語った。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「シルバーストンでのレース以降、メルセデスがどのように多くのパワーを見つけたかは私には謎だ」と f1-insider.com に語っった。

「ホンダは今、ステップアップする必要がある。さもなければ、シャシーの領域で不利な点を補う必要がある」

「現時点では、我々は標高が高いメキシコとサンパウロの2つのレースしかアドバンテージがあると見なしていない。現在、メルセデスは他の4つのトラックの優勝候補だ」

F1オランダGPのボスであるヤン・ラマースは、レッドブル・ホンダは、F1勢力図の最新のシフトについて心配する必要があることに同意する。

「レッドブルは先週末の特定の時間にアルファタウリにほぼ追い抜かれていた」とヤン・ラマースは NOS に語った。

「彼らはフェラーリ、マクラーレン、アルピーヌとも戦わないように注意しなければならないと思う。レッドブルは、最近前進を果たしていない数少ないチームの1つであるため、心配することがたくさんある」

レッドブル・ホンダF1にとって朗報の1つは、最近の事故で怪我をしたと報じられたデザイナーのエイドリアン・ニューウェイがピットウォールに戻ってきたことだ。

「我々は全面的に良い位置にいる」とヘルムート・マルコは語った。

「しかし、エイドリアンはもちろんインスピレーションの頭だ。彼はイスタンブールで久しぶりコースに戻り、もう一度我々を助けてくれた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス