レッドブルF1代表 「我々の目にはハミルトンのタイヤは危険に見えていた」 F1トルコGP 決勝
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1トルコGPの決勝でのルイス・ハミルトンの1セット目のインターミディエイトタイヤが終盤に向かって「危険」に見えていたと語る。

PU交換ペナルティによって11番グリッドから挽回を目指したルイス・ハミルトンは、一時3番手まで順位を上げたが、メルセデスF1は最終的に残り8周でハミルトンに新しいインターを履かせることを決断。ハミルトンは5位でレースを終えた。

チームは42周目にルイス・ハミルトンにピットインをコールしたが、その時はハミルトンが拒否し、チームもそれを受け入れた。

だが、ルイス・ハミルトンは、チームの優柔不断な決断にフラストレーションを露わにしている。

「後から考えると、ステイアウトするか、8周早く入るべきだったかもしれない」とルイス・ハミルトンはコメント。

残り8周で入って、乾いているトラックでインターミディエイトのグレイニングフェーズを乗り越える時間がなかったし、そこからスライディングフェーズ全体を経験して、もっと多くのポジションを失いかけていた。ちょっとフラストレーションを感じるけど、仕方ない」

ライバルであるレッドブルF1のクリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンのタイヤが「危険」に見えており、少し心配していたと語る。

「ある時点で、皆さんは彼が最後まで走り切るかもしれないと考えたかもしれないが、我々の目にはタイヤは危険に映っていたし、彼がピットストップしなければならないのは必然だった」とクリスチャン・ホーナーは Sky Sports F1 に語った。

「彼らがピットに入った時点で、それは我々にとって最大のアドバンテージだった。その時点でシャルルもタイヤがオーバーヒートしていて、ブリスターもかなり酷く、ペースを失っていた」

「我々にとってチェコがピットに入れたことが重要な瞬間だった。ルイスを抑え続けさせることもできたが、トラックポジションを重視して彼をピットに入れることに決めた。そのタイヤがレースの最後まで持つとは思っていなかったからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP