レッドブルF1首脳、メルセデスを非難 「ハミルトンを犠牲者に演出」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、メルセデスが、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのクラッシュを巡る論争を焚きつけていると非難した。

チャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPのレース中盤にルイス・ハミルトンとシケインで接触。両者はリタイアとなり、フェルスタッペンはチャンピオンシップのリードを維持したままモンツァを後にした。

メルセデスF1のチーム代表を務めうトト・ヴォルフは、すぐにそのクラッシュはマックス・フェルスタッペンによる2“戦略的なファウル”だと批判した。

「ルイスは1周目でターン4で多くのスペースを与え、衝突を回避した」とトト・ヴォルフは Corriere dello Sport に語った。

「しかし、私はルイスほどスポーツマンらしくはないかもしれない。私だったがあそこでレースを終えていただろう。少なくとも、現時点ではパワーユニットの走行距離は少なくて済んでいただろう」

トト・ヴォルフは、2021年のF1タイトルを争う両者のうちクラッシュを避けようとするのはルイス・ハミルトンだけであることを示唆した。

「将来的にはこれを回避する必要がある。2人のドライバーは、ポジションを失ったことを知っているので、戦術的な理由でクラッシュする可能性がある」とトト・ヴォルフは語った。

「1周目は、両方のドライバーが事故を回避できることを示した。一方が少しタフであれば、もう一方は彼を回避することができる」

しかし、レッドブルF1のヘルムート・マルコは、トト・ヴォルフとルイス・ハミルトンの両方が、彼らが事故の被害者として“ストーリー”を再熱させ、レッドブルとマックス・フェルスタッペンを悪者に仕立て上げようとしていると考えている。

「あれは通常のレーシングインシデントだった」とヘルムート・マルコは Osterreich に語った。
「これを取り巻くすべてのストーリーはメルセデスによって演出された」

「ハミルトンが彼のマシンをグラベルから出そうとしたとき、フェルスタッペンはすでに彼のマシンから降りていた。メディマルカーもそれを見て、走り去った」

「そして、そのあと、彼らは弱弱しいハミルトンが突然負傷したという演出をした」

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンがモンツァで勝つことを防ぐために故意にライバルを連れ出したという主張について、ヘルムート・マルコは「まったくのナンセンス」だと語った。

「メルセデスはそのためには遅すぎた」

最後に、ヘルムート・マルコは、メルセデスがタイトルバトルの残りの間、2021年マシンに1つのアップデートさえ追加しないという進行中の提案を却下した。

「彼らがそれについて言っている言葉は信じない」とヘルムート・マルコは語った。

「我々が先行している5ポイントは何の意味もない。最後のレースまでエキサイティングなものになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス