レッドブルF1代表 「アルボン起用にアルファロメオとウィリアムズが関心」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、キミ・ライコネンのF1引退によって生まれる2022年の空席に対して、アルファロメオとウィリアムズが興味を示していることを認め、メルセデスがそれを妨害しないことを願っていると語る。

キミ・ライコネンが今季限りでのF1引退を発表したことにより、2022年のその空席を巡る椅子取りゲームは激しく回り始めた。

アレクサンダー・アルボンは2021年にセルジオ・ペレスへ加入によってレッドブルのF1シートを失い、今季はレッドブルのリザーブドライバーの役割を果たしながらDTMシリーズに参戦している。

しかし、クリスチャン・ホーナーによると、ウィリアムズまたはアルファロメオでアレクサンダー・アルボンがF1復帰する可能性があると語る。

「アレックスは来年のF1でのシートに値すると思う。来年にむけて彼にかなりの関心があると思っている。それを可能にするためにできることは何でもする」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼がそれらの機会の1つを実現することを妨げるものが何もないことを願っている。彼は才能のあるドライバーだ。ジョージが移籍する可能性があります。キミの引退はチャンスを開くので、来週くらいに解決すると確信している」

「我々は外部チームに目をむけている。ウィリアムズとアルファロメオはどちらも興味を示している。我々が彼がF1でレースに復帰するのを見たいと思っている。うまくいけば、今後数日で解決できるだろう」

対立候補にはメルセデスがメルセデスが支援するニック・デ・フリースがいる。2019年のF22タイトルと2020/21年のフォーミュラEチャンピオンシップを獲得したデ・フリース、F1へのステップアップに熱心であり、アレクサンダー・アルボンと同じシートにリンクされている。

レッドブルF1は、自身のチーム以外でアレクサンダー・アルボンがレースをすることを受け入れるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「我々は他の場所でのアルボンレースを支援する」とは付け加えた。

「メルセデスがそれを妨げないことを願っている。彼はそのチャンスに値する。我々は彼を助けるために最善を尽くしている、何が起こるかを見てみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン / アルファロメオ・レーシング