レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンとハミルトンの関係はすぐには修復不能」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1イギリスGPでマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが衝突した後、二人の関係はすぐには修復不能だと感じている。

シーズン前半を通して激しいバトルを展開する二人は、これまでは表面上はお互いへのリスペクトを強調してきた。しかし、時間の問題だと考えられていたクラッシュがF1イギリスGPでついに発生した。

インシデント後、ルイス・ハミルトンは、どちらのドライバーにもクラッシュの原因について完全な責任はないと述べたが、マックス・フェルスタッペンは、自分が入院している間にハミルトンが盛大に勝利を祝っているのをテレビで目にして“無礼”だと批判。一方、ハミルトンはレース後にメディアに話しかけられるまでフェルスタッペンの入院を知らされていなかったと主張している。

次戦F1ハンガリーGPの記者会見では、クラッシュについて質問が繰り返されたことでマックス・フェルスタッペンがブチ切れた。そして、シルバーストン語、二人が電話で話をしたことが明らかになった。

しかし、ヘルムート・マルコは、その出来事以降、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの関係がすぐに修復することはないと感じており、シーズン後半にむけて二人がコース上で礼儀にかなったフェアな戦いをしてくれることを願っていると語る。

「我々はワールドタイトルを獲得したいと思っている。そのためには、できるだけ多くのポイントを獲得する必要がある。マックスはそれを分かっており、ハミルトンもそれを分かっている」とヘルムート・マルコは Motorsport Magazin に語った。

「だが、もしそれが起こったとしても、2人の関係が迅速に元に戻ることはないようなことが起こった。だが、私は彼ら二人がそれをフェアでコントロールできることを願っている」

マックス・フェルスタッペンは、序盤戦でタイトル荒尾市をリードしてきたが、F1イギリスGPでクラッシュし、F1ハンガリーGPでのダメージを負ってわずかなポイントしか獲得できなかったことで、夏休みに前にルイス・ハミルトンに追い抜かれた。

ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタペンの不運を嘆きつつも、ドライバーとして新たな一歩を踏み出してと考えており、シーズン後半にレッドブル・ホンダがメルセデスと戦うことができると確信していると科tる。

「マックスは今シーズン、彼が本当にワールドチャンピオンレベルにいることを証明したと思う」とヘルムート・マルコは語った。

「もちろん、バーレーンでは、トラックリミットにいくつかの問題があり、勝利、ポール、ファステストラップが犠牲になった」

「バクーでは彼が見事にリードしていたときに残酷なブローがあった。そのブローアウトによって勝利を失ったのは残念だった」。

「しかし、彼の全体的な態度とレースへのリラックスしたアプローチは、彼がトップに向けて新たな一歩を踏み出したことを示している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン / マックス・フェルスタッペン