レッドブルF1、アルボンのウィリアムズ/アルファロメオ移籍を支援?
アレクサンダー・アルボンが、2022年のウィリアムズとアルファロメオの潜在的な空席の新たな候補として浮上している。

アレクサンダー・アルボンは、昨年末にレッドブル・レーシングのシートを失ったが、今年もリザーブドライバーとしてチームに残り、レッドブルのサポートを受けてDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦している。

25歳のアレクサンダー・アルボンは、F1レースへの復帰を諦めていない。

「話し合いの時間は今から始まる」とアレクサンダー・アルボンは Speed Week に語った。

「でも、僕の状況では、インディカーやフォーミュラEなどの他のオプションも受け入れる必要がある。レッドブル・ファミリーにとどまる機会があるならば、間違いなくそれを受け入れるだろう」

レッドブルにとっては、アレクサンダー・アルボンは、依然としてF1陣営の重要な一員だ。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「彼はシミュレーターで我々のベストだ」と認める。

「彼の開発への貢献は、チームにとって非常に重要だ。我々は、彼の将来を台無しにするようなことはないが、我々は彼をキープしたいと思っている」

しかし、ヘルムート・マルコは、レッドブルがアレクサンダー・アルボンが2022年のチャンスを手助けする可能性を否定していない。ウィリアムズとアルファロメオのシートはドライバー市場に出ている。

「それは契約の詳細に依存するだろう」とヘルムート・マルコは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン / アルファロメオ・レーシング