レッドブルF1、ルイス・ハミルトンのペナルティについて再審請求
レッドブル・ホンダF1は、F1イギルスGPでマックス・フェルスタッペンと衝突したルイス・ハミルトンに科せられた10秒ペナルティについて再審を請求した。

ルイス・ハミルトンは、オープニングラップのコプスでマックス・フェルスタッペンをインサイドから抜きにかかった際にマックス・フェルスタッペンの右リアホイールに接触。高速でバリアにクラッシュして51Gの衝撃を受けたフェルスタッペンは病院に搬送された。

ルイス・ハミルトンには10秒加算ペナルティが科されたが、それを消化した後、8回目のF1イギリスGPを優勝を果たした。

レッドブル・ホンダF1は、ドライバーズ選手権でのマックス・フェルスタッペンのリードを8ポイントに縮められただけでなく、検査のためにヘリコプターで病院に連れて行かなければならない事件を起こしたルイス・ハミルトンがそのような軽いペナルティを受けたことに激怒した。

レース直後から、レッドブルF1上層部は、ルイス・ハミルトンにもっと大きな罰を求めることを示唆していた。

FIA(国際自動車連盟)は、F1ハンガリーGPの週末の前夜である木曜日にクラッシュを見直すためにレッドブルとメルセデスに召喚状を発行するという公式の確認を出した。

レビューはビデオ会議を介して現地時間15:00に行われる。

FIAの声明では、「チームマネージャーと競技者(ドライバー)などの証人」を含む、各チームから合計3人までが参加できることを確認している。これらの参加者は、水曜日の16:00までに書面で名前を通達する必要がある。

また、声明は、再審請求が先週の金曜日に提出されたことを明らかにしている。それはクリスチャン・ホーナーがレッドブルのウェブサイトに彼のコラムを書いた日でもある。

FIAの国際スポーツコードによると、そのようなレビューが認められるためには「関係する決定の時点でプレビューを求める当事者が利用できなかった重要で関連性のある新しい要素」が必要となっている。

つまり、すでに知られていることに基づいてペナルティを単に問題にするのではなく、その日にスチュワードが利用できなかった具体的な新しい情報またはデータである必要がある。

レッドブルF1は、コーナーのインサイドでマックス・フェルスタッペンを追い抜こうとしていたルイス・ハミルトンが、ライバルと接触していなければコーナーを曲がり切れなかったであろうことを示すデータを指摘している可能性があると報告されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス