レッドブルF1代表 「次世代F1エンジンはサウンドを重視するべき」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1は“環境”への配慮とファンのための“エンターテインメント”のバランスをとる必要があると考えており、次世代F1エンジンはサウンドを重視するべきだと出張する。

「大きな政治的圧力の下で電化が推進されていることは知っているが、それは今後25年または30年の間本当に正しい方法なのだろうか?」とクリスチャン・ホーナーは国際メディアに語った。

「これは10年前に犯したミスを正すチャンスだ」

「我々は環境にやさしい燃料に集中し、素晴らしいサウンドのエンジンのによってスタンドが満員になることを望んでいる」

レッドブルF1のライバルであるメルセデスはその意見にはやや反対している。

「レーサーとして、私も自然吸気V12エンジンがいいとは思っている」とトト・ヴォルフは語った。

「だが、エンターテインメントやスポーツだけのためでなく、ビジネスでもある」

「ハイブリッド側に別れを告げると、我々のパートナー、スポンサー、株主と一緒に、我々はは完全に関連性を失うだろう」

「そして、小さなデバイスで見ている18歳の人に聞いたら、ノイズはほとんど関係ないと思う」

しかし、クリスチャンホーナーはその考えに反論し、F1は全体として「レースは人々の感情を誘発するはずであり、それにはサウンドも含まれる」ことを忘れることはできないと主張した。

「もちろん、我々は持続可能性の考えを維持する必要があるが、F1は楽しまなければならない。そうでなければ、今すぐフォーミュラEに行くことになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン