レッドブルF1首脳、怒り収まらず 「ハミルトンは出場停止にするべき」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1イギリスGPでルイス・ハミルトンに科されたペナルティは不十分であり、レース禁止に値するものだと怒りを露わにした。

2021年のF1イギリスGPは、史上初めて実施されたスプリント予選の興奮が遠い過去のもと感じられるほど決勝のオープニングラップのインシデントが論争と議論の的となっている。

オープニングラップのターン9でインサイドのルイス・ハミルトンは、左フロントタイヤでアウトサイドのマックス・フェルスタッペンの右リアタイヤに接触。サスペンションが壊れてコントロールを失ったフェルスタッペンは高速でタイヤバリアに接触。衝撃は51Gと測定され、フェルスタッペンは検査のために
病院へと搬送された。

ルイス・ハミルトンには10秒ペナルティが科せられたが、メルセデスのF1マシンのペースには取るに足らないものであり、残り3周でシャルル・ルクレール(フェラーリ)を同じターン9で抜いて今季4勝目を挙げた。

当然、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコはペナルティに納得しておらず、ルイス・ハミルトンを出場停止にするよう求めた。

「通常のスポーティングコードではそれはできない」とヘルムート・マルコは Sky Germany に語った。

「最大のペナルティが何であるかは分からないが、あのような危険で無謀な行動は、出場停止などで罰せられるべきだ」

「競技者がフロントホイールでリアホイールに大きく接触した場合、最速コーナーでそれはもはやレーシングインシデントとは言えない。怠慢な危険な行動だ」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーも、ルイス・ハミルトンの勝利の正当性に疑問を投げかけた。

「彼ほどの力量のあるドライバーがあのような動きをしたことに非常に失望している」とクリスチャン・ホーナーはレース後に Sky Sport F1 に語った。

「危険だったし、彼は競争相手を危険な状況に晒した。無鉄砲に見えた。無傷であることに感謝している。彼は検査のために病院に行った」

「ルイスの言うことは気にしていない。自身で分析したほうがいい。自身で比較するべきだ私にとっては空虚な勝利だ」

10秒ペナルティで十分かと質問されたクリスチャン・ホーナーは「それほど厳しいペナルティではなかったよね?」と答えた。

大破したマックス・フェルスタッペンのマシン / 2021年 F1イギリスGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / F1イギリスGP