レッドブルF1首脳 「フォルクスワーゲンとの正式協議や合意はない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・パワートレインズがF1でフォルクスワーゲンと提携するという推測を再び打ち砕いた。

今シーズン限りでエンジンサプライヤーのホンダを失うレッドブルF1は、2022年以降に自社でエンジンを運用するために『レッドブル・パワートレインズ』をミルトンキーンズの敷地内にセットアップしている。

レッドブルF1は、2022年から新しいエンジンレギュレーションが凍結するまでF1エンジンを凍結するとのF1チームとの合意の後、この決断を下している。
ほぼ同時に、レッドブルF1がコラボレーションの可能性についてフォルクスワーゲンと議論しているとの噂が浮上した。

しかし、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、フォルクスワーゲンと進行中の議論はないと否定する。

「合意や正式な協議はない」とヘルムート・マルコは Motorsport-total.com に語った。

F1は、2014年に現在の1.6リッター V6ターボエンジンを導入。それ以来、メルセデスがF1のパワーユニット時代を支配してきた。

F1エンジン形式は2025年に変更される可能性があるが、大きな問題は、F1が新しいエンジンを導入するか、既存のエンジンを微調整するかどうかだ。

ヘルムート・マルコは、レッドブルF1としてはまったく新しいエンジンの導入に賛成していることを確認した。これはたまたまフォルクスワーゲンの考え方と一致している。

「我々のコスト計算は、新しいエンジンが好ましいという答えを弾き出している」とヘルムート・マルコは語った。

「次の会議はシルバーストンで行われる。解体は簡単ではない。そして、特にe燃料の導入には、非常に多くの変更が必要だ」

「F1には8年前のエンジンがある。電気だけが未来かどうかは分からない。多くの人がハイブリッドはより強力なマシンにとってより良い解決策であると信じている。水素も宇宙に浮かんでいる。今後10年から15年はエンジンを仕様書に含められるとは言えない可能性が非常に高い」

「しかし、非常に重要な点は確かにコストだ。アイデアは、エンジンは最大100万ドルの費用がかかるはずだということだ。そして、総コストは1億未満でなければならない。現在のメーカーのどれもこの量にさえ近づいていない。標準パーツを使用し、テストベンチ時間を制限することによってのみ達成できる。しかし、それは新しいエンジンを作るよりも時間がかかる」

そして、ヘルムート・マルコは「フォルクスワーゲン側は4気筒が好んでいると思う」と付け加えた。

バイオ燃料への移行について、ヘルムート・マルコは次のように語る。

「バイオエタノールの5%から10%への増加は、すでに数千万ドルの費用がかかっている。もしそうなら、新しいエンジンと同時にこの100%合成ガソリンを作らなければならない。e燃料もリーズナブルな価格で入手可能でなければならない。まだその範囲には至っていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フォルクスワーゲン