レッドブルF1首脳 「2022年の両チームのラインナップにサプライズはない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2022年のレッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリのドライバーラインナップに“サプライズ”はないと語り、現行ラインナップを継続する可能性を示唆した。

セルジイオ・ペレスが少なくとも2022年まで続投するとの報じられる中、ヘルムート・マルコは、アルファタウリのピエール・ガスリーの最近のパフォーマンスに感銘を受けていることを認めるが、トップチームへの復帰を正当化するのに十分であるとは言い切らなかった。

「これが我々がこれまでに見た中で最高のガスリーであることに絶対に同意する」と78歳のオーストリア人はMotorsport-Totalに語った。

「しかし、マックスフェルスタッペンの隣でドライブするときは、常にリスクが伴う。ペレスが予選でどれほど苦戦しているかを見ればわかるだろう」

「しかし、ガスリーは変わった。私は最近グラーツで彼と長い会話をした。彼はもうレッドブル・レーシングで行ったような反応をしたり、パフォーマンスをしたりはしないだろう」

ピエール・ガスリーが、2022年にセルジオ・ペレスの後任候補であるかどうかを質問されたヘルムート・マルコは「見てみる必要がある。おそらく夏休みの間にドライバーの決定をすることになるだろう」

「そのあと4人のドライバーを発表する。おそらくサプライズはないだろう」

チャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペンはすでに契約を結んでおり、アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、日本人ルーキーの角田裕毅がF1に落ち着くまでにもっと時間が必要だと示唆している。

セルジオ・ペレスに関して、ヘルムート・マルコは満足していることを示唆している。

「違いは、ペレスの方が一貫性があることだ」とヘルムート・マルコは語った。

「彼が予選を上手くやったとき、彼はアルボンができなかった結果を達成する。そして、レースでは、彼はクリーンエアを得ているときは、ほぼフェルスタッペンのレベルにある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ