レッドブルF1首脳 「メルセデスが“実験”していることが助けになっている」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1が“実験”してリスクを冒すという決定が、2021年のF1世界選手権のイニシアチブをレッドブル・ホンダに手渡したと考えている。

2021年F1シーズンの8レースで、レッドブル・ホンダはドライバーズとコンストラクターズの両方の順位でそれぞれ18ポイントと40ポイントのリードを維持し、マックス・フェルスタッペンは、過去4戦中3勝を挙げてルイス・ハミルトンに大きなプレッシャーをかけている。

ルイス・ハミルトンは最初の4戦中3戦で勝利したが、RB16Bはプレシーズンテストから少なくともW12と互角とみられており、レッドブルのペースとパフォーマンスは今季のメルセデスよりもはるかに一貫性がある。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるマルコは、レッドブル・ホンダn堅実さがメルセデスF1に急進的な行動を強いたと考えている。その例の1つとして、F1フランスGPの前にルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのシャシー交換したを挙げた。

2つのストリートサーキットレースで、メルセデスのドライバー間でパフォーマンスに変動があり、ヘルムート・マルコは困惑していた。

「我々が持っている全体的なアドバンテージは、我々のマシンがこれまですべてのサーキットで高速だったことだ」とヘルムート・マルコは RacingNews365 に語った。

「我々は、比較的少ない調整で継続的に高速化している。メルセデスはマシンに多くの調整をしなければならない。ハミルトンは通常これをうまう管理することができるので、彼は適切なタイミングでそこにいる」

「しかし、メルセデスが時々実験していることは明らかだ。モナコは私にとってその一例だ。ボッタスはそこで非常に強く、ルイスはどこにもいなかった。バクーでは、それは完全に逆転していた」

「リスクがとられているようだ。我々の場合、必要な調整は少なくて済んでいる。マシンはすぐに競争力がある」

メルセデスは、2022年の完全に新しいマシンに主な焦点を当て、現在より長期的な見方をしていることに対し、レッドブル・ホンダは今シーズンの2021年マシンの開発に多くの開発を投入しており、それが今後のタイトルレースの結果にさらに多くの影響を与えると考えられている。

ヘルムート・マルコは、RB16Bのアップグレードが夏休み後のシーズン後半まで継続されることを確認した。8月29日のF1ベルギーGPでシーズン後半は開始される。

「我々はより長く開発していく。ワールドタイトルを獲得するチャンスがあるからだ」とヘルムート・マルコは語った。

「2008年にBMWで何が起こったのかを目にした。ロバート・クビサが最速のマシンだったが、ビジネスプランは2009年に焦点を合わせていた。F1では、あらゆる機会を利用する必要がある」

「我々には能力があり、2022年のコンセプトの開発を早期に開始している。シーズン後半にも現行マシンのアップグレードを投入するが、風洞での開発作業はすでに進んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス