レッドブルF1、メルセデスのフロントウイングの検査をFIAに正式に依頼
レッドブルF1は、メルセデス W12のフロントウイングの柔軟性がレギュレーションに準拠しているかどうかを評価するようFIA(国際自動車連盟)に正式に依頼したことを確信した。

メルセデスF1は、先月のF1スペインGP後、レッドブル・ホンダ RB16Bのリアウイングがストレートで負荷がかかった状況で大幅に曲がっていると訴えて論争を巻き起こした。

それは映像でも示されており、FIAはフランスGPからより厳格な反屈曲テストを導入。レッドブル・ホンダを含めたすべてのチームが合格した。

しかし、この対応には多額の金銭的な負担がかかったこともあり、レッドブル・ホンダは、逆にメルセデスのフロントウイングが負荷がかかった状態で曲がっている映像を証拠として、FIAにより厳格なテストを実施することを望んでいる。

「我々はFIAがこれをチェックすべきであるという事実に注意を向けた」とヘルムート・マルコは F1-insider に語った。

「これは完全に正常な手順だ。他のチームが規制を乱用しすぎており、グレーな領域が赤で表示されていると思われる場合は、明確にする必要がある」

「我々はFIAの評決と統治機関が講じる措置に依存している。明確化されれば、我々は満足だ」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、FIAがマシンのリアウィングとフロントウィングの両方を精査することは理にかなっていると語った。

「FIAがこれらのことを取り締まると信じている。もちろん、ウイングを単独で扱うことはできない」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「フロントウイングとリアウイングの両方を見る必要がある。リアウイングに当てはまるものは、フロントウイングにも当てはまると想定される」

また、クリスチャン・ホーナーは、ポール・リカールでFIAによって実施された新たなテストは、レッドブルのマシンの強力なパフォーマンスがRB16Bのリアウィングとはまったく関係がないことを決定的に証明したと述べた。

「ここ数週間で多くのコメントが寄せられた」とクリスチャン・ホーナーは語った。「我々は告発された」

「しかし、我々はルールを遵守していたし、我々が反応した方法は、自分たちのパフォーマンスがリアウィングの柔軟性に基づいていないという強さと深さを示していると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン / メルセデス