レッドブルF1首脳 「ペレスはボッタスより優れたセカンドドライバー」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、今年からチームに加入し、最近のレースで本来のパフォーマンスを発揮しつつあるセルジオ・ペレスを背負う際している。

昨年末、レッドブル・ホンダF1はマックス・フェルスタッペンに相応しいチームメイトを求めて独自のタレントプール外に目を向けるという難しい選択をした。彼らはそれをセルジオ・ペレスに見出した。

これまでのところ、セルジオ・ペレスは順調に結果を出してきている。F1アゼルバイジャンGPで移籍後初勝利を挙げると、F1フランスGPでは3位表彰台を獲得。メルセデスとのタイトル争いで重要な役割を担うようになってきている。

ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスという選択がいかに論理的だったかを説明した。

「これが我々がペレスを雇った理由だ」とヘルムート・マルコはセルジオ・ペレスのタイヤマネジメント能力を称賛する。

「彼は多くの人にタイヤの魔術師として見られている。それは彼がフランスで1ストップを機能させることができた理由でもある。また、それは彼がメルセデスに十分近づいて彼らを当惑させた理由だ。同じ戦略で戦っているボッタスレース終盤に仕留めることができた理由だ」

ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスがメルセデスとの“セカンドドライバー”の戦いに勝っていると語る。

「現在、チェコがメルセデスのボッタスよりもレッドブルで優れていることは明らかだ。まさにそれが我々が見たかったものであり、まさに私たちが必要とし、近年レッドブルで欠けていたものだ」とヘルミート・マルコは語った

そして、セルジオ・ペレスが非常に好調であることで、メルセデスはプレッシャーにさらされており、不必要なミスを犯していると語る。

「ペレスはフェルスタッペンのウィングマン以上だ。マックスが運が悪ければ、セルジオは我々のためにレースに勝つ準備ができている」とヘルムート・マルコは語る。

「メルセデスはそれに気づき、彼らの優れた期間に行っていた戦術的なゲームをもはやプレイできなくなった。メルセデスはすでにミスを犯している。ペレスは今後強くなるだけであり、結果としてメルセデスへのプレッシャーは高まるだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス