レッドブル・ホンダF1上層部 「セルジオ・ペレスはまだ予選で弱すぎる」
レッドブル・ホンダF1の上層部は、決勝での力強いペースのような予選パフォーマンスを発揮できていないセルジオ・ペレスにもっと期待していると改めて語った。

セルジオ・ペレスは、先週日曜日のF1モナコGPでオーバーカット戦略が当たって4位という好成績を収めてが、土曜日の予選9番手よりももっと上位からスタートできれば、表彰台を争っていたはずだ。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ポイントリーダーに浮上したマックス・フェルスタッペンとメルセデスのドライバー間とのレースにおいてバッファーとして機能するために、セルジオ・ペレスがもっと上位で予選を終える必要があると考えている。

ヘルムート・マルコは、今シーズンのレッドブル・ホンダF1のタイトル争いにおいて、セルジオ・ペレスは“決定的な要因”になる可能性があると考えとえり、ゲームをワンランク上げる必要があると語る。

「彼は今のところ予選が弱すぎる」とヘルムート・マルコは SportBild に語った。

「彼がボッタスと同等だったら、メルセデスはバルセロナで2ストップ戦略を立てることができなかったと思う。それが現時点での最大のハンディキャップだ」

レッドブル・ホンダF1のチーム代表のクリスチャンホーナーも、セルジオ・ペレスが予選を改善する必要があることに同意するが、いくつかの“ダイナミクス”がドライバーのパフォーマンスに影響を与え続けていることを認める。

「彼は土曜日を日曜日よりも難しいと感じていると思う」とレッドブル・ホンダF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは語る。

「彼のレースペースは概して非常に強力だった。土曜日はまだだと思う・・・我々は彼と一緒に働き、彼を助け、快適にさせる必要がある。そのときは来るだろう」

「カルロス(サインツ)を除いて、今年のチームを変更したドライバーの大多数は、スピードを上げるのに時間がかかっていることがわかる」

「今年はタイヤもよりトリッキーだと思う。それは別のダイナミクスをもたらしている。彼はそこにたどり着きつつあるし、日曜日のようなパフォーマンスを発揮できれば、助けになるだけだ」

セルジオ・ペレスは、ガレージの彼の側が「予選で間違った方向を進んだ」「マックスほど良いマシンを持っていなかったが、うまくいけば、今後のレースでそこに着くことができるだろう」と説明した。

「シーズン5戦目だ。これからもたくさんの仕事がある」とセルジオ・ペレスは語った。

「マシンを快適に感じられれば、非常に大きなステップになるだろうし、チームのために多くのポイントが追加できると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス