レッドブルF1幹部 「ガスリーよりペレスのアプローチの方が正しい」
ピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングに復帰するという希望は、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコによって打ち砕かされた。

ヘルムート・マルコは、レッドブルF1のドライバープログラムの責任者であり、マックス・フェルスタッペンの最近のチームメイトの任命に最も直接的な責任を持っている。

2019年、ピエール・ガスリーは、ダニエル・リカルドの後任としてトロロッソからレッドブル・レーシングに昇進したが、シーズン途中にアレクサンダー・アルボンと交代された。そのアルボンも、今年、セルジオ・ペレスに交代され、シートを失っている。

だが、セルジオ・ペレスもマックス・フェルスタッペンのペースに匹敵することに苦労しており、それはヘルムート・マルコの頭痛の種となっている。

「この世界選手権は、チームの2番目のドライバーによっても決定される」とヘルムート・マルコは Auto Motor und Sport に語り、メルセデスF1でより安定した競争力を発揮するバルテリ・ボッタスにも言及した。

しかし、ヘルムート・マルコは、31歳のセルジオ・ペレスのこれまでの役割へのアプローチは正しいと考えている。

「ペレスは絶えず改善している」とヘルムート・マルコは語った。

「彼はガスリーのようにマシンを再構成しようとはしていない。代わりに、彼はマックスを見て、ラップを分析し、どこを改善する必要があるかを認識している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス / ピエール・ガスリー