レッドブル・ホンダF1 「バルセロナで10年ぶりの最前列は励みになる結果」 / F1スペインGP 予選
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年のF1世界選手権 第4戦 F1スペインGPの予選を振り返った。

レッドブル・ホンダF1は、F1スペインGPの予選でマックス・フェルスタッペンがトップのルイス・ハミルトンから0.036秒差の2番手でフロントローを獲得。チームメイトのセルジオ・ペレスは8番手だった。

「今回も非常にエキサイティングな予選セッションだったし、チームによる素晴らしいパフォーマンスだった」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「バルセロナでは10年ぶりのフロントロースタートであり、マックは再びポールに非常に僅差だった。フロントローに並べることは非常に励みになることであり、今日から多くのポジティブなことを得らえる。昨年はポールから0.7秒遅れだったが、今年はマックスがルイスとほぼ同じラップタイムを完了した。大きな進歩だ」

「チェコ(ペレス)はQ3のファーストラップでのスピンからリカバーし、8番手からスタートするが、彼がレースでいかに強いかは分かっている。オーバーテイクが難しいトラックではあるが、彼が良い進歩を果たしてくれると確信している」

「良いスタートを切ることが重要だ。現時点で我々とメルセデスのマージンは非常にタイトなため、小さなことが大きな違いを生む。スタートと1コーナーまでの走行が重要になるし、見ていて非常にエキサイティングなものになるだろう」

2021年 F1スペインGP 結果・タイム差
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス) - 1分16秒741
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) +0.036
3.バルテリ・ボッタス(メルセデス) +0.132
4.シャルル・ルクレール(フェラーリ) +0.769
5.エステバン・オコン(アルピーヌ) +0.839
6.カルロス・サインツ(フェラーリ) +0.879
7.ダニエル・リカルド(マクラーレン) +0.881
8.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ) +0.960
9.ランド・ノリス(マクラーレン) +1.269
10.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ) +1.406
11.ランス・ストロール(アストンマーティン)
12.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
13.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
14.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
15.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
16.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
17.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
18.ミック・シューマッハ(ハース)
19.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
20.ニキータ・マゼピン(ハース)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1