レッドブルF1幹部 「空力ルール変更が有利に働いたとの見解は憶測」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年の空力ルールの変更がレッドブル・ホンダに有利に働いたとの考えは“憶測に過ぎない”と否定した。

2021年にメルセデスF1が競争力を失ったように映っていることで、空力ルールの変更、特に“レーキ角”についての両チームの哲学の違いにスポットライトが当てられている。

しかし、ヘルムートマルコは、レッドブル・ホンダF1が空力ルールから恩恵を受けたとの見方に納得していない。

「ルールの変更が我々に与えた影響が少ないというのは憶測であり、何も証明できない」とヘルムート・マルコは Motorsport-Total.com.で反論した。

ヘルムート・マルコは、実際にはピレリのタイヤ構造の変更がその背景にあると考えている。

「主な議論は、タイヤへの負荷が高すぎてはならないというピレリから来たものだった」

また、ヘルムート・マルコは、ルールの変更に関するメルセデスの最近の嘆きについても退けた「

「メルセデスがこの露骨なリードを持っていたとき、彼らはとにかく彼らのコンセプトが優れていると言っていた。今では突然それが我々のものになった」

「規制に変更があった場合、それらを適応させる必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1