レッドブルF1、規則変更に苦戦のメルセデスに同情せず「適応が必要」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年のF1レギュレーション変更に苦戦しているメルセデスF1にまったく同情するつもりない。

今季、レッドブル・レーシングは、2013年以来初めて、F1ワールドチャンピオンを争える立場にあるように見える。メルセデスF1は良いスタートを切れていない。それは主に新しいレギュレーションによるものであり、メルセデスF1はそれが彼らのリードを破壊するように設計されたと不満を述べている。

しかし、レッドブル・レーシングでは、それについてまったく気にしていない。

「4回のワールドタイトルを獲得した我々の時代にルールは数え切れないほど変更された。我々はずっとそれら我々に反対するような方法でだとそれらを解釈していた」とヘルムート・マルコは Motorsport-total.com に語った。

「今回のレギュレーション変更の理由は、我々がスピードを落としたかったからだ。最大の議論は、タイヤの空気圧が高すぎることを許されなかったピレリから出てきた。それが我々に与える影響が少ないということは偏見であり、証明することはできない。メルセデスがこのリードを失う前は彼らのコンセプトは優れていたが、今では突然それが我々のものになった」

したがって、ヘルムート・マルコはそれがどういうことであるかをよく知っている。レッドブル・レーシングは2010年から2013年の間に新しいレギュレーションによってしばしば抑制されてきたが、同じことが現在メルセデスにも起こっている。

「どういうものだ。規制が変更された場合、それに適応する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス