レッドブルF1代表 「ホンダとF1復帰についての議論はなかった」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1を離れることはホンダにとってためになるだろうと語る。

2015年にF1復帰したホンダは、マクラーレンのエンジンパートナーシップが3シーズンで崩壊した後、2018年にレッドブルのジュニアチームのトロロッソであるトロロッソと再出発を図り、その1年後、シニアチームであるレッドブル・レーシングにもF1エンジンの供給を開始した。

レッドブルとのパートナーシップは成功を収め、ホンダのF1エンジンでレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリの両方がグランプリで勝利を収めた。2020年のF1イタリアGPのアルファタウリでのピエール・ガスリーの勝利は、チームの歴史上2回目の勝利となった。

しかし、上昇気流に乗ってきた見られた矢先の2020年10月、ホンダは2021年シーズンをもってF1から撤退することを発表した。

ホンダがF1から撤退したのは今回が初めてではないが、クリスチャン・ホーナーは今回はもう戻ってくることはないだろうと語る。

「ホンダは明らかに、2050年までに完全に持続可能なテクノロジーに集中するためにF1から撤退することにコミットしているので、彼らの会社はそれに非常に集中するだろう」

「したがって、ホンダのF1復帰についての議論や話はなかった」

「彼らがこの合意に対応し、継続することを許可してくれたことに非常に感謝している。私は競争力のあるエンジンになると確信している」

レッドブルは、2022年からホンダのF1パワーユニット技術を引き継ぎ、自社で運用するために新たにレッドブル・パワートレインズというエンジン部門の新会社を設立する。

レッドブル・パワートレインズが運用するエンジンは『レッドブル・エンジン』と呼ばれることになる。

「バッジに関する限り、それに関して進行中の議論はない」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「したがって、それはレッドブルエンジンになるだろう」

スクーデリア・アルファタウリも、レッドブル・エンジンとしてパワーユニットを稼働させる。

「詳細についてはまだ説明していない、そうなると思う。それはレッドブル・エンジンだ」とクリスチャン・ホーナーは続けた。

「メルセデスはメルセデスであり、マシンの一部として組み込まれる。したがって、『レッドブル』になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1